シュクル・アン・ローズ(Sucre-en-Rose): panipopo & paniヴァンのこだわり

外国生活の長い日本人とフランス人カップルが、日本の片田舎にレストラン&ケーキショップを開店して…慣れない日本生活と初めてのお店に四苦八苦。試行錯誤で頑張ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プロカメラマンの脇で撮影。

aside-with-pro

昨夜、プロのカメラマンの邪魔をしないように私も料理の写真を撮りました。うちは照明が煌々とした明るいものではないですので、どうやって写真を撮るのかしらと興味津々でした。

そうしたら、2つのスクリーンライトにレフ版に照明も2つ。なるほど、昼間のように明るく映ります!さすがです。でも、私もその気になりましたが、何しろド素人、うまく行きません。

そこを見通したカメラマンさんが、私のカメラの調整をパパパっとしてくださって私もド素人なりにきれいに撮れました。ありがとうございます!

お恥ずかしいながら、私の場合は宝の持ち腐れ。明らかに、です。失笑ものですが、実はこのカメラマンさんもそうだったのですが、そして以前私のお菓子本を出版社が作成した時のプロのカメラマンさんとも同じカメラを私は持っています…

こういうのは日本語で厚顔無恥とでも言うのでしょうか!? ちょっと違うような。でも、カメラのことは無知なのに恥ずかしげもなく良い機械を持つ厚かましさだから、同じようなことでしょうか。

今日はその前編です。

まずはプチ・サレと呼ばれる『小さな塩味』のお皿です。今、お皿について質問しようと思っても、paniヴァンは魚市場まで買い出しに行っているので、聞けませんが、分かるところだけ説明しますね。

aside-with-pro2

右端は生ガキのロール。これはいろんな味が混ざり合って、牡蠣の美味しさが際立つ小さなダイナマイト的存在の一口プチ・サレ。

奥の中身はpaniヴァンが作ったオーストラリア産の牛肉のほほ肉と国産豚のテリーヌ。なんと牛のほほ肉のコラーゲン質で自然に固まったらしいです。これは、プリプリになりそうです。笑

このプチ・サレは日替わりでも変わります。全部のコースの一番最初に付くのですが、paniヴァンの創作の思いつくままに…

aside-with-pro3

今、美味しいサンジャック(帆立貝)と烏賊。ソースは何でしょうか?撮影用なので、私も分かりません。果物の甘味と酸味も合うものだと思われます。やはり旬の有機ミカン(うちは湯河原産の甘酸っぱいミカンを使います)と、これまたザクロ。女性にはありがたい果物です。

ところで、日本人はあまりザクロを食しませんね。ザクロは種に女性に必要な成分をたくさん含みます。ですので、ジュースを飲むよりは少しでも多く実際の果物を食べた方がよいと読んだことがありました。

お隣、韓国では生のザクロがどこでも売っていて、韓国人女性の美の元のひとつとなっています。(私も、もっと食べる必要がありそうです。笑)

aside-with-pro4

paniヴァンがいないので、最後は自分の作ったデザートで。

うちのデザートはシンプルです。ミニャルディーズはマカロンや小焼き菓子、そしてボンボン・ショコラなどが出て来るのですが、デザートはいつも変わります。

これはピスタチオ、フレーズ・デ・ボワ(ワイルドストロベリー)とチョコレートのケーキです。

本当に昼間のように写真が撮れたので驚きでした!私も道具一式欲しいと思いました。高価だし、置いておく場所もないので無理ですが… いつも私が撮ると、LEDのブルーライトの下だと色味がきれいに出ないばかりではなく、美味しそうに撮れないのです。いつも実際よりもきれいに撮れないので、ガッカリしています。

もちろん、これらの写真は私の素人腕が撮ったので、大したことがないのですが、実際にプロのカメラマンさんが撮った写真は本当にお見事でした!!!

それらの写真は、茨城の皆さん、2月の終わりにムック本の2ページに掲載されますので、ぜひ書店などでお買い求めになってくださいね。時期が来ましたら、またここでお知らせいたします。

スポンサーサイト

テーマ:料理の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/01/19(土) 07:39:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://panipopo2.blog96.fc2.com/tb.php/70-614145d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sucre-en-Rose

Author:Sucre-en-Rose
日本の田舎に海外生活の長~い日本人とフランス人カップルがレストラン&パティスリーショップを開店。フランス帰国後の慣れない日本生活と開業に四苦八苦。こだわりを持てば持つほど、大変だけれど、そんなこだわりを見せながらミシュランスターシェフ経験を持つpaniヴァンとお菓子の夢先案内人、panipopoがつぶやきます。

************

*** ショップSucre-en-Roseのホームページへ こちらをクリック☆

shop

*** panipopoのお菓子のレシピ本がグラフ社から出版されました。全国の書店、アマゾンなどで。もちろんショップにも置いてあります。

my-book



 レシピブログの『おまかせ!みんなのおうちごはん2011年』(講談社)版で、巻頭インタビュー&レシピを公開しています。

banner_100_20101127075100.jpg


 で2010年7月にインタビューされました。

seventeen.jpg


ラッピング、包装資材の種類が豊富【cotta*コッタ】通販サイトで、月2回のレシピを掲載しています。このブログで未発表のものなので、ぜひこちらもどうぞ!↓のバナーをクリックしてみてくださいね☆


panipopo × cotta



shibata-link

製菓の専門書: 『柴田書店』リンク先で、Chez Panipopo♪のブログが紹介されています☆ どうか見て来てくださいね。

**********




************

book

レシピブログX宝島社のお菓子の本が発売されました。panipopoのレシピは60ページに掲載されています。

最新記事

Twitterでつぶやいています

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (15)
始まり (1)
食材 (12)
出来事 (10)
特別メニュー (8)
季節物 (10)
季節のメニュー (11)
何気ないこと (7)
イベント (7)
フレンチおせち (3)

訪問ありがとう!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。