シュクル・アン・ローズ(Sucre-en-Rose): panipopo & paniヴァンのこだわり

外国生活の長い日本人とフランス人カップルが、日本の片田舎にレストラン&ケーキショップを開店して…慣れない日本生活と初めてのお店に四苦八苦。試行錯誤で頑張ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

paniヴァンのぬか漬け。

panivain-nukazuke

実家で暮らしていた時には、毎日、母手作りのぬか漬けがありました。そしてその実家を離れて2人で職場の近くに住み始めてから、漬物の偉大さを知るようになりました。しばしはコストコで購入した1.5kgのキムチを楽しんでいたのです(元ソウル4年在住ですから!)が、今度はやはり日本の漬物が欲しいということで…

うちの朝ごはんは、夕食もそうですが、paniヴァンが作ります。その方が早くて美味しいからとの理由で、彼は1日中、料理していても大丈夫なシェフ。プライベートでもいつも料理しています。

和食の朝食も作ります。味噌汁、焼き魚、納豆、発芽玄米入りのごはん、これに漬物です。これが定番メニューなので、ほとんど変わりません。変わるのはみそ汁の具と焼き魚の種類ぐらいです。

そのpaniヴァンですが、私の実家に戻った時に母にもらって嬉々としていたのは、ぬか床ひとつかみ分。これを自分のぬか床を作る際の元種のように使うことにしたらしいです。

自家製酵母を育てている彼らしい発想ですが、糠を買って、鷹の爪、昆布、そして伯方の塩、これに母のぬか床ひとつかみ分を入れて、自分のぬか床を作り始めました。

panivain-nukazuke2

最初の1週間は毎日2回かき混ぜて、今は帰宅して1回になったようです。

だんだんとぬか床もこなれて来て、まろみが出て来ました。いろんなものを漬けては、食卓に乗せる彼。れっきとしたフランス人!笑 フランスではワラビを摘んで私と一緒に煮物を作りました。家族や親せきのみんなに、『馬の食べるものを食べるのか!?』と笑われても、美味しい!と食べていましたが、今は我が家の冷蔵庫には納豆と彼のぬか床が占領されています。

きっと前世はアジア系だったに違いありません。韓国にいたときには、韓国人のいろんな方々から、「paniヴァンは前世は韓国人だった。それも両班(これはお世辞でしたが)だね」と、その食文化をすべて受け入れて何でも食べる彼やその物腰の印象から、そう言われたこともありました。

今は、納豆と味噌汁、そして漬物の朝ごはんを作るのが自然な彼には、フランスの家族もきっと驚くに違いありません。

でも、彼はパンも大切。これがないと彼は物足りないらしいので。だから、パンは自分の嗜好に合わせて、休み以外は毎日作るのだと思います。これも彼のアイデンティティー。ごはんと一緒にパンも食べています!もしかしたら、前世と現世のアイデンティティーがアジアに来て、ちょうどバランスが取れたのかもしれませんね。

スポンサーサイト

テーマ:おいしい☆ - ジャンル:グルメ

  1. 2012/09/24(月) 07:56:08|
  2. 何気ないこと
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://panipopo2.blog96.fc2.com/tb.php/56-8f20c6bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sucre-en-Rose

Author:Sucre-en-Rose
日本の田舎に海外生活の長~い日本人とフランス人カップルがレストラン&パティスリーショップを開店。フランス帰国後の慣れない日本生活と開業に四苦八苦。こだわりを持てば持つほど、大変だけれど、そんなこだわりを見せながらミシュランスターシェフ経験を持つpaniヴァンとお菓子の夢先案内人、panipopoがつぶやきます。

************

*** ショップSucre-en-Roseのホームページへ こちらをクリック☆

shop

*** panipopoのお菓子のレシピ本がグラフ社から出版されました。全国の書店、アマゾンなどで。もちろんショップにも置いてあります。

my-book



 レシピブログの『おまかせ!みんなのおうちごはん2011年』(講談社)版で、巻頭インタビュー&レシピを公開しています。

banner_100_20101127075100.jpg


 で2010年7月にインタビューされました。

seventeen.jpg


ラッピング、包装資材の種類が豊富【cotta*コッタ】通販サイトで、月2回のレシピを掲載しています。このブログで未発表のものなので、ぜひこちらもどうぞ!↓のバナーをクリックしてみてくださいね☆


panipopo × cotta



shibata-link

製菓の専門書: 『柴田書店』リンク先で、Chez Panipopo♪のブログが紹介されています☆ どうか見て来てくださいね。

**********




************

book

レシピブログX宝島社のお菓子の本が発売されました。panipopoのレシピは60ページに掲載されています。

最新記事

Twitterでつぶやいています

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (15)
始まり (1)
食材 (12)
出来事 (10)
特別メニュー (8)
季節物 (10)
季節のメニュー (11)
何気ないこと (7)
イベント (7)
フレンチおせち (3)

訪問ありがとう!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。