シュクル・アン・ローズ(Sucre-en-Rose): panipopo & paniヴァンのこだわり

外国生活の長い日本人とフランス人カップルが、日本の片田舎にレストラン&ケーキショップを開店して…慣れない日本生活と初めてのお店に四苦八苦。試行錯誤で頑張ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヴァレンタインのスペシャルメニュー。

2013valentine-menu

今年から、ランチとディナーのCコースは、毎月テーマに沿ってメニュー仕立てが変わることになりました。3ヶ月に1度の他のコースのメニューチェンジに加えて毎月、その月の特別コースを提案し、皆様に味わっていただこうと思います。

2月は、もちろんバレンタインで。日本ですと、女性から男性へ愛の告白日という印象を受けます。あるいは友達同士や、自分へのご褒美のチョコなどなど。余談ですが、お隣の韓国でも日本と同じく女性から男性へチョコレートをプレゼントします。そして、3月14日のホワイトデーも日本と同じ習慣があります。ところが、韓国には4月14日もあるのです!!!

その日は、2月14日にも3月14日にも恵まれなかった男女が黒い衣装に身を包んで、ジャジャンミョン(玉ねぎとたくさんのオイルで炒めた真っ黒なソースのジャージャー麺=韓国ではとてもポピュラーな食べ物で、辛くなく、どちらかと言うと甘い!)を食べる日になります。

ところ変われば…の典型ですが、2月14日は、欧米では【愛の日】ですので、男女どちらからも、プレゼントをしたり、ロマンチックなディナーに行ったりします。小学校では先生やクライスメートの間で、カードや小さなキャンディなどを交換したり、日ごろ仲良くしている人や友だちにLOVEの気持ちをプレゼントやディナーなどに誘って伝える日でもあります。

今年の2月14日はあいにく木曜日でうちは休業日ですが、明日2月1日から28日まで開業日には1ヶ月間、このバレンタインのスペシャルメニューを提案しております。

 ディナーのバレンタインコース・メニュー内容は、

プチ・サレ 3種

生牡蠣のグラタン、グラスシャンパンあるいはフルーツカクテル添え

フランス産フォアグラ、メルバトーストとポム・ド・アムール添え

サフラン風味のムール貝のスープ

旬の鮮魚のソテー、ほうれん草のリゾット、バニラビーンズのクラムソース

プチパテと野菜のパイ包み、トリュフソース

常陸牛のサーロイングリル、季節の野菜添え

ショコラ・フォンダン

ミニャルディーズ (小さなお菓子たち)

食後のお飲物 (コーヒー、紅茶、ハーブティー)

手造りボンボン・ショコラのプレゼント付(ボックスに入って来ます)



バレンタインディナーコースのお値段は、税込で¥8,500です。当日午前中までの要予約になりますので、よろしくお願い致します。

バレンタインランチコースは、メニューが違います。こちらは¥5,300(税込)です。

2013valentine-menu2

メインコースに付いて来るのは、ハート型の自家製パテ(特別な配合で、野菜も一緒にたっぷりと)をフランス産発酵バターで作った折込パイ生地で包んで焼き上げたものです。

サクっと軽い何とも言えず香しいパイ生地の中から出て来るのは、こちら。

2013valentine-menu3

これだけでハッピーになれる気分です。

ぜひ、お友達や家族、あるいはご夫婦、そして恋人同士でいかがですか!?今、私が制作にしゃかりきになっている、ボンボン・ショコラもプレゼントです。うちのボンボンは、日本中にファンがいるのですよ~^^ 

余談ですが、今作っているボンボンやトリュフは、桜、カプチーノ、フランボワーズ&ミルク、苺、トンカ&ニアンボ(ヴァローナというフランスのチョコレートの名前の一つです)、マサラティー(チャイのような風味)、カシス、そして湯河原産のレモンクリームです。

ひとつずつ手造りなので、材料にも凝っています。うちは、原価率が高過ぎると、税理士さんにもこの間のコンサルティング(ある有名なシェフ)にも言われています。でも、安心な材料で、お客様に喜んでいただくのが一番、私たちとしてもうれしいこと。どこか削っても、材料費は削れないなと思っています。








スポンサーサイト

テーマ:バレンタイン - ジャンル:グルメ

  1. 2013/01/31(木) 07:35:48|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0

プロカメラマンの脇で撮影。

aside-with-pro

昨夜、プロのカメラマンの邪魔をしないように私も料理の写真を撮りました。うちは照明が煌々とした明るいものではないですので、どうやって写真を撮るのかしらと興味津々でした。

そうしたら、2つのスクリーンライトにレフ版に照明も2つ。なるほど、昼間のように明るく映ります!さすがです。でも、私もその気になりましたが、何しろド素人、うまく行きません。

そこを見通したカメラマンさんが、私のカメラの調整をパパパっとしてくださって私もド素人なりにきれいに撮れました。ありがとうございます!

お恥ずかしいながら、私の場合は宝の持ち腐れ。明らかに、です。失笑ものですが、実はこのカメラマンさんもそうだったのですが、そして以前私のお菓子本を出版社が作成した時のプロのカメラマンさんとも同じカメラを私は持っています…

こういうのは日本語で厚顔無恥とでも言うのでしょうか!? ちょっと違うような。でも、カメラのことは無知なのに恥ずかしげもなく良い機械を持つ厚かましさだから、同じようなことでしょうか。

今日はその前編です。

まずはプチ・サレと呼ばれる『小さな塩味』のお皿です。今、お皿について質問しようと思っても、paniヴァンは魚市場まで買い出しに行っているので、聞けませんが、分かるところだけ説明しますね。

aside-with-pro2

右端は生ガキのロール。これはいろんな味が混ざり合って、牡蠣の美味しさが際立つ小さなダイナマイト的存在の一口プチ・サレ。

奥の中身はpaniヴァンが作ったオーストラリア産の牛肉のほほ肉と国産豚のテリーヌ。なんと牛のほほ肉のコラーゲン質で自然に固まったらしいです。これは、プリプリになりそうです。笑

このプチ・サレは日替わりでも変わります。全部のコースの一番最初に付くのですが、paniヴァンの創作の思いつくままに…

aside-with-pro3

今、美味しいサンジャック(帆立貝)と烏賊。ソースは何でしょうか?撮影用なので、私も分かりません。果物の甘味と酸味も合うものだと思われます。やはり旬の有機ミカン(うちは湯河原産の甘酸っぱいミカンを使います)と、これまたザクロ。女性にはありがたい果物です。

ところで、日本人はあまりザクロを食しませんね。ザクロは種に女性に必要な成分をたくさん含みます。ですので、ジュースを飲むよりは少しでも多く実際の果物を食べた方がよいと読んだことがありました。

お隣、韓国では生のザクロがどこでも売っていて、韓国人女性の美の元のひとつとなっています。(私も、もっと食べる必要がありそうです。笑)

aside-with-pro4

paniヴァンがいないので、最後は自分の作ったデザートで。

うちのデザートはシンプルです。ミニャルディーズはマカロンや小焼き菓子、そしてボンボン・ショコラなどが出て来るのですが、デザートはいつも変わります。

これはピスタチオ、フレーズ・デ・ボワ(ワイルドストロベリー)とチョコレートのケーキです。

本当に昼間のように写真が撮れたので驚きでした!私も道具一式欲しいと思いました。高価だし、置いておく場所もないので無理ですが… いつも私が撮ると、LEDのブルーライトの下だと色味がきれいに出ないばかりではなく、美味しそうに撮れないのです。いつも実際よりもきれいに撮れないので、ガッカリしています。

もちろん、これらの写真は私の素人腕が撮ったので、大したことがないのですが、実際にプロのカメラマンさんが撮った写真は本当にお見事でした!!!

それらの写真は、茨城の皆さん、2月の終わりにムック本の2ページに掲載されますので、ぜひ書店などでお買い求めになってくださいね。時期が来ましたら、またここでお知らせいたします。

テーマ:料理の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/01/19(土) 07:39:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

七草粥と黒米ガレットで。

nanakusa-gayu

月曜日のまかないは、七草粥と黒米+そば粉のガレット(クレープ)、これにイカと野菜の炒め物でした。炒め物は、オリーブオイルを使ってもらうことにしています。だから、盛り付け方も西洋風です。笑

黒米+そば粉のガレットは、黒いクレープ(食事用なので、甘みはありません)ですが、体にも優しいので気に入ってしまいました。自宅でも作ってみたいと思います。まかない用には、かぼちゃとヘーゼルナッツをオリーブオイルでソテーしたものを巻いています。これが、とても美味しかったです!何よりも、ヘルシーです。

仕事も今のところ、ゆっくりですので、準備の期間でしょうか。

マカロンを作ったり、paniヴァンは新しいメニューを作ったり、来月のイベントメニューのバレンタインハートコースの企画メニューを作ったりしています。

nanakusa-gayu2

この間、新しく作ったのが、白いマカロンで、上には『ゆかり』を乗せて焼きあげました。中のクリームはホワイトチョコレートのガナッシュに自然な材料で作られた梅干しの果肉を入れて作ったものを挟みました。

アイディアは、Y君の『フランスに行く前に、梅干しマカロンを作りたい』という申し出からでした。それなら、と私が考えてみたのが、これでした。意外とイケます!!!うちの味には『うるさ』スタッフ(笑)も、私より気に入ったみたいでした。

春のマカロンと言えば、そのうち、スミレやローズ、そして桜マカロンも。私は桜マカロンが好きなのです。これも甘塩辛い味わいで、その絶妙な感じが好きですね。

テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

  1. 2013/01/09(水) 06:41:56|
  2. 季節物
  3. | トラックバック:0

2013 フレンチおせち☆

2013 osechi

さて1月5日が来まして、本日からレストランもショップも開業です。休みは本当に早く過ぎ去ってしまい、昨日から、下ごしらえや掃除を済ませて準備を始めました。ここでは、私たち用に作ったフレンチおせちを掲載します。

私たち用と言うのは、オマール海老が自分たちやスタッフ用(フルに助けてくれたスタッフたちの家族にも、例年おせちを作って渡します)の分、足りなくて分割したため、殻が付かなかったからです。笑

画像だけ、さらりと行きますね。

2013 osechi2

これは、30日に全国に発送するためのおせちの2段目。みんなで詰め作業に集中して仕上げました。詰め方にも、個性が出るのですが、料理人たちはさすが盛り付けに慣れているので、彼らが詰めると早い+きれいです。

2013 osechi3

こちらは発送用の一の重です。

2013 osechi4

同じく二の重で、パテ・ド・カンパーニュやフォアグラ・テリーヌなどは乾燥しないようにフィルムを巻きました。

2013 osechi5

三の重は、エゾジカのシヴェとラムのワイン煮込みはパック詰めにしました。別々に2種類、重なって詰め込まれています。今年のおせちは、目いっぱい!

2013 osechi6

これがうち用。家族で囲んだおせちは格別でした!これに母の用意した日本的なおせち数種と黒豆&スイートポテトタルトでお祝いしました。


今年は、ある目標に向かって新年から頑張りたいと思います。皆さんにとっても、健康に恵まれた良いお年でありますように!

 さて、panipopoのネットショップ、1月のお菓子便がスタートしました。ネットショップの方は、来週1月12日(日曜日)の深夜までのオープンとなります。予約を承っております。今回は毎月のパン便の他に、1月限定のガレット・デ・ロワや苺ロール、マカロンセット、焼き菓子セット、伝統郷土菓子のガト・ーデ・ロワ、創作シドニータルトなどなど取り揃えております。

 1月のお菓子便: panipopoのネットショップへGO!

テーマ:お正月料理 - ジャンル:グルメ

  1. 2013/01/05(土) 08:49:35|
  2. フレンチおせち
  3. | トラックバック:0

去年最後のまかない食。

2012end-makanai

皆さん、明けましておめでとうございます。昨日は、やはりあっという間に終わってしまい、無事に2012年も終了しました。去年は大変お世話になりました。どうもありがとうございました。おかげさまで、今日はのんびりとお正月を家族と一緒に過ごすことが出来ました。

さて、昨日の私たちのまかない食です。去年最後のまかないは、おせち料理の残りにサラダでした。キッシュに、洋野菜のマリネ、コンテチーズ、手作りのフォアグラ・テリーヌとパテ・ド・カンパーニュ、根野菜の煮物とゼリー寄せ。

2012end-makanai3

フランス産のフォアグラで作りました。山形産の山ブドウのジュレを挟んであります。これにゲランドの海の華を添えて食べると、幸せな気分になります。

2012end-makanai2

つくば市には、有機農で美味しくて、珍しい根野菜や葉物野菜を育てている直売所があります。何よりも安心して、しっかりとした旨みのあるある野菜を食べられるのは、うれしいことです。ここの野菜を使っていると、『これはどこの野菜ですか?』と聞かれることが、しばしばあります。説明すると、必ず、『じゃ、行ってみます!』とおっしゃるお客様たちは、皆さん、ここの野菜に魅せられるようです。

2012end-makanai4

今はTVを観ながらこの記事を書く、このゆったりとした時間がうれしいです。一生懸命働いた後のちょっとまとまったお休みは最高です☆

テーマ:★☆お正月料理・おせち☆★ - ジャンル:グルメ

  1. 2013/01/01(火) 17:33:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Sucre-en-Rose

Author:Sucre-en-Rose
日本の田舎に海外生活の長~い日本人とフランス人カップルがレストラン&パティスリーショップを開店。フランス帰国後の慣れない日本生活と開業に四苦八苦。こだわりを持てば持つほど、大変だけれど、そんなこだわりを見せながらミシュランスターシェフ経験を持つpaniヴァンとお菓子の夢先案内人、panipopoがつぶやきます。

************

*** ショップSucre-en-Roseのホームページへ こちらをクリック☆

shop

*** panipopoのお菓子のレシピ本がグラフ社から出版されました。全国の書店、アマゾンなどで。もちろんショップにも置いてあります。

my-book



 レシピブログの『おまかせ!みんなのおうちごはん2011年』(講談社)版で、巻頭インタビュー&レシピを公開しています。

banner_100_20101127075100.jpg


 で2010年7月にインタビューされました。

seventeen.jpg


ラッピング、包装資材の種類が豊富【cotta*コッタ】通販サイトで、月2回のレシピを掲載しています。このブログで未発表のものなので、ぜひこちらもどうぞ!↓のバナーをクリックしてみてくださいね☆


panipopo × cotta



shibata-link

製菓の専門書: 『柴田書店』リンク先で、Chez Panipopo♪のブログが紹介されています☆ どうか見て来てくださいね。

**********




************

book

レシピブログX宝島社のお菓子の本が発売されました。panipopoのレシピは60ページに掲載されています。

最新記事

Twitterでつぶやいています

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (15)
始まり (1)
食材 (12)
出来事 (10)
特別メニュー (8)
季節物 (10)
季節のメニュー (11)
何気ないこと (7)
イベント (7)
フレンチおせち (3)

訪問ありがとう!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。