シュクル・アン・ローズ(Sucre-en-Rose): panipopo & paniヴァンのこだわり

外国生活の長い日本人とフランス人カップルが、日本の片田舎にレストラン&ケーキショップを開店して…慣れない日本生活と初めてのお店に四苦八苦。試行錯誤で頑張ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

決めかねるショップロゴ。

shop-logo

うちでバイトをしてくれているAちゃんは筑波大学の芸術学群の2年生です。将来はデザイナー(工業か、商業とかの)として活躍するのでしょう。彼女のノートやボールペンのデザインは、そのまま採用されて自治体や地方の製紙会社からその地域の一般の人たちに配されています。

そしてまだここではUPしていませんが、別のアルバイトのT君がうちのチラシを作ってくれています。

そのAちゃんが、うちのロゴのデザインをしてくれました。まあ、少しお母様の助け(やはりプロのデザイナーさん)を借りて、最後には彼女が仕上げたのです。

さて、ドラフトが出来上がって私が好きだったのは、ここではUPしていませんが、彼女が自分でデザインしたもの。いつかあれを自分のお店オンリーのために使いたいと思っています。

こちらの上記の2つは自分たちの将来を考えてゴージャスに行くことに決めました。どちらも好きなので、決められない… ひとつはpaniヴァンのチョイス、もうひとつは私のチョイス。

Sucre-en-Roseの頭文字と、私たちの本名の頭文字が偶然にも同じなのでそれとバラをデザインしてもらいました。

う~ん、これを見ても決められない… ちなみにうちにアルバイトに来てくれている人たちに聞いても、もっともな意見を言うので、後はジャンケンで後腐れなく行こうかと思っているのですが… paniヴァンは頑として、自分の選んだ方がいいというので、どうなるやら。

皆さんはどちらがいいですか!?コメ欄を開けておきますので、よかったらどちらがお好きか、お知らせください。



スポンサーサイト

テーマ:夢に向かって生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2012/04/28(土) 12:41:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:50

やっと看板が立ちました。

sign-post

ず~っと考えていて、やっと実行できるようになったことのひとつはこの看板。やっとです。デザインの写真はT大学の芸術学群の学生Aちゃんに選んでもらいました。数ある写真の中から、いろいろと構図の良いカットを選んでもらい、実際に看板屋さんが作ってくださった枠組みの中にPC上ではめこんで、あれでもないこれでもないと選んだのです。

色合いは私の希望で、落ち着いたシルバーピンク、ペパーミントグリーン(あるいはラデュレカラーのグリーンとでも言いましょうか!?)でまとめてもらうことになりました。

出来上がってホっとしましたが、ここの十字路を左折する車が多いのですが、あまり看板を見てくれる人がないのです。あれれ!?通りに立って見てみると、運転手さんたちのだいたいが左右を何回も忙しく見てから、すぐに左折してしまうので、気が付く人が少ないように見受けられました。

でも、まだまだ分かりません。

sign-post2

ここが個人宅ではなくて、お店とレストランだと気付いてくれる人がいてくださって、さらに行ってみよう!と思ってくださったら、うれしいです。

paniヴァンが仲良くしていて、週1で遊びに行っているシェ・レノン(ビストロ・フレンチ。つくば市では一番人気があります)の住田シェフとマダムが厚意で、うちのショップカードを置いてくれています。少しでも知名度が上がればと、応援してくださるその心意気、とてもありがたいです☆ それも向こうからそう申し出てくださって、頭が下がります。

こうやって同業者で応援してくださる方がいるということは、本当に心強いです。

 シェ・レノン 茨城県つくば市松野木100-11 ℡ 029-879-8719

ぜひ行ってみてくださいね!


 うちのゴールデン・ウィークの開業は5月2日(水曜日)以外は、毎日オープンしています。どうぞ、皆さんお越しくださいね~♪

テーマ:日々出来事 - ジャンル:ライフ

  1. 2012/04/27(金) 20:31:07|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0

湯河原エルルカン・ビスへ。

herlequin-bis

2週間前、今、ベルギーに行く前にうちで時々働いてくれるY君が以前勤めていた湯河原のエルルカン・ビス(ミシュラン1つ星)にランチに行って来ました。Y君からは伊藤シェフのことをいろいろと教えてもらっていたし、シェフの本ももらっていたので、訪問を楽しみにしていました。

ランチはお任せで。

herlequin-bis2

さて、ここを開けたら、お待ちかねのランチが… 期待が思わず高まります。

最初に、

herlequin-bis3

スッタフィングされたオリーブと、乾きものの先付、そしてホタテとディルと新じゃがのパスタ。

herlequin-bis4

リコッタチーズと蟹、えびが衣を薄くまとって揚げてあるものを魚介類のエキスたっぷりのカレー風味のスープで。これが絶品!次の洋風茶碗蒸しとフォアグラもこれまたため息が出るぐらいに美味!

2週間前にメモなしで私のうろ覚えで書いているので、もしかしたら記憶違いの材料があるかもしれないですが、素材の良さとソースの絶妙さが素晴らしいバランスでした。

herlequin-bis5

魚は真鯛、ソースは菜の花、お肉はフランス産のうずら。これがまたどちらも最高に美味しかったです。伊藤シェフは、和の良さも大事にされているので、すんなりとおなかに納まるフレンチです。paniヴァンもフランス人にしては繊細で優しい味わいの作風ですが、伊藤シェフも素材の良さがダイレクトに伝わる味わいを出しておられます。とにかくおなかにずっしり来るのではなく、満足した状態でハッピーなフレンチ。この絶妙な満足感はさすがです。

〆にはご飯ものが出て来ますが、写真を撮るのを忘れてしまいました。素晴らしいサービスをしてくださったSさんが朝、掘り起こしてくださった筍ごはん。美味しかったですよ~!

そしてデザートは2種。最後のデザートは、シェフご自慢のブラジル風プリン。そして、最初にはこちら。

herlequin-bis6

口当たりも爽やかで、もっと食べたかったです。そしてお庭の足湯。温泉水で。いいですね!

この後、paniヴァンとシェフはフランス語で2人だけの世界。実に楽しそうでした。

私はマダム、サービスのSさん、厨房の中のスーシェフや他の人たちとおしゃべりをしました。マダムとSさんは親戚だそうで、沖縄出身。このSさんとマダムから私はSさんのお母様の若いころにそっくりだと伺いました。

そう、私は南方系の顔立ち。色も浅黒いので、よく沖縄の人に間違えられます。でも、アメリカにいたときには、コロンビア人、メキシコ人、アルゼンチン人と南米系、パリではプチパレの後ろで、2人組のおまわりさんにフィリピン人に間違われ、以前、成田空港で北朝鮮の団体客から同胞と間違われてどんなに否定しても「同胞」でしょうと言われ続け、最後にはパスポートを見せて納得してもらったことがありました。

というわけで、きっとどこにでもいる顔立ちなんだと思われます。 

話は逸れましたが、湯河原で、美味しい柑橘系をお土産に帰途に着きました。

伊藤シェフには、「paniヴァンの経歴で茨城で開業しているのは、もったいない。もっと観光地か開けた土地でしないとダメです」と言われましたが… 何の縁故も知り合いもいない、日本歴の浅い私たちにはここでこうやってオープンして震災を乗り越えたことだけで幸いなこと。奇跡のようなものです。

でも、もっと先々のことをこれから考えて行かないといけないのかなと、ちょっぴりと考えさせられました。

herlequin-bis7

こうやって目にも美しいところで、最高に美味しいランチをいただけた幸せ~♪ 片道4時間でも行った甲斐がありました。湯河原方面に行かれる時には、ぜひエルルカン・ビスでフレンチを☆



テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

  1. 2012/04/26(木) 23:24:10|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0

春メニューとまかない。

spring-menu2

すっかりとメニューを変えたのに、全然更新もせずに毎日が過ぎ去るばかり… というわけで、やっとさらりとUPできることになりました。こちらはランチ・Aメニューの前菜です。厨房で写真を撮っているので、少し画像が暗いのです。でも、これは見るたびに美味しそう~!と思いますが、食べたことがないのです、私。

下から、パータ・ラビオリ(手作りでオーブンで焼いてカリカリに仕上げます)、野菜のバスケーズ(ナスとパプリカ、新玉ねぎにガーリック)を乗せて、ソテーしたクルマエビにチョリゾーソーセージを添えて、バジルペストのソースをかけて供します。

皆さん、美味しい~!と言ってくださるので、私は味を適当に想像しながら妄想している状態です。


そういう時には、まだベルギーに行く前にうちのまかないを一生懸命に作ってくれるY君の食事が楽しみのひとつでもあります。

spring-menu

この日は和食。卵焼きにナスの揚げ浸し。

spring-menu3

魚のあんかけに野菜。

これにかやくごはんにお味噌汁。ああ、ヘブンリーなまかない食です☆

お知らせ:  4月から火曜日もオープンしています。定休日は水曜日と木曜日です。自家製酵母パンも毎月内容が変わりますし、お菓子も然り。生菓子や焼き菓子もいろいろと。どうぞご来店お願いします~♪

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

  1. 2012/04/19(木) 16:12:24|
  2. 季節のメニュー
  3. | トラックバック:0

4月のお知らせ。

april-news

早いもので、4月もすでに進み出し、ちょっと焦りを感じるこの頃。何も追いついていないので、焦りばかりを感じます。 さて、お知らせですが、これからはショップもレストランも毎週火曜日をオープンさせることになりました。

火曜日オープンですので、よろしくお願いします!

定休日はこれから水曜日と木曜日のみになります。そして、祝日の場合はオープンします。

そして、ただ今、春のメニューを更新中。明日6日から、ランチメニューのほとんどが一新して、新しいメニューと入れ替わります。来週には、ディナーもチェンジします。もちろん、お菓子の方もメニューを変えつつあります。春らしいお菓子が並ぶようになりますので、こちらもよろしくお願いします。

april-news2

今日は、看板を立てるところの地主さんに立てる許可を得て来たので、これで契約書を交わして制作を始めてもらい、いよいよ4月終わりには立つことになるのかしら?と期待しています。

このごろ、いろいろと決断しなくてはならないことが多いので、私の頭もフル回転です。汗!

上の最初の写真は、私と友達が作ったシュガーペーストのバラ。白が私で、赤が友達。おしゃべりしながら作ってみましたが、やはり個性が出ますね!私のは、開放的に広がったバラで、彼女のはきちんと襟を正したような美しいバラ。小さくまとまってます。私のは、大きいだけ~!笑

では、メニュー更新をしますので、楽しみにしていてくださいね。

テーマ:お店紹介 - ジャンル:グルメ

  1. 2012/04/05(木) 12:20:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Sucre-en-Rose

Author:Sucre-en-Rose
日本の田舎に海外生活の長~い日本人とフランス人カップルがレストラン&パティスリーショップを開店。フランス帰国後の慣れない日本生活と開業に四苦八苦。こだわりを持てば持つほど、大変だけれど、そんなこだわりを見せながらミシュランスターシェフ経験を持つpaniヴァンとお菓子の夢先案内人、panipopoがつぶやきます。

************

*** ショップSucre-en-Roseのホームページへ こちらをクリック☆

shop

*** panipopoのお菓子のレシピ本がグラフ社から出版されました。全国の書店、アマゾンなどで。もちろんショップにも置いてあります。

my-book



 レシピブログの『おまかせ!みんなのおうちごはん2011年』(講談社)版で、巻頭インタビュー&レシピを公開しています。

banner_100_20101127075100.jpg


 で2010年7月にインタビューされました。

seventeen.jpg


ラッピング、包装資材の種類が豊富【cotta*コッタ】通販サイトで、月2回のレシピを掲載しています。このブログで未発表のものなので、ぜひこちらもどうぞ!↓のバナーをクリックしてみてくださいね☆


panipopo × cotta



shibata-link

製菓の専門書: 『柴田書店』リンク先で、Chez Panipopo♪のブログが紹介されています☆ どうか見て来てくださいね。

**********




************

book

レシピブログX宝島社のお菓子の本が発売されました。panipopoのレシピは60ページに掲載されています。

最新記事

Twitterでつぶやいています

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (15)
始まり (1)
食材 (12)
出来事 (10)
特別メニュー (8)
季節物 (10)
季節のメニュー (11)
何気ないこと (7)
イベント (7)
フレンチおせち (3)

訪問ありがとう!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。