シュクル・アン・ローズ(Sucre-en-Rose): panipopo & paniヴァンのこだわり

外国生活の長い日本人とフランス人カップルが、日本の片田舎にレストラン&ケーキショップを開店して…慣れない日本生活と初めてのお店に四苦八苦。試行錯誤で頑張ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

魚市場での再会!

fish-market

この2週間、paniヴァンはひとりでまた再開した那珂湊のお魚市場に行くようになりました。全国津々浦々から、いろんな魚介類が集まって、震災前とは量が違うけれどそれでも遜色なく、きれいになったらしいです。

paniヴァンが最後に那珂湊に行ったのは、奇しくも3月11日の朝でした。あの日からほぼ2ヶ月経ってから、また通うことになりましたが、市場のおじさんたちは彼を覚えているので、お互いに言葉が分からないながらも再開を喜び合ったそうです。

新鮮な魚介類を使えるのは本当にうれしいことです。これは春のメインのひとつ。春野菜をふんだんに使ってます。魚介類の焼き加減は、パリ時代に魚料理の専門店、ラ・メゾン・プルニエ(あの当時はミシェラン一つ星)でも働いていたpaniヴァンなので、絶妙に焼き上げるのが上手です。

料理人は、こうやっていろんな専門店で働いて自分の技術をパーフェクトに磨いていくわけです。彼もフランス時代の14年はすべてミシェランの星付レストランやホテルで働いていたので、食材の目利きでもあると思えます。

fish-market2

日本ならでの春の素材を使ってのサイドディッシュ。新じゃが、小かぶ、アスパラ、きぬさや、スナップエンドウ、そしてこごみ。新鮮な味わいの旬の野菜たちを優しく肉のジュで。

スポンサーサイト

テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ

  1. 2011/05/15(日) 07:49:14|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0

湘南ケータリング物語。

garden-party

いつもお菓子便でお世話になっている湘南のA先生宅に招かれました。一緒に外食するつもりが、おうちごはん、それもバーベキュー(5月で気持ちが良いので)をすることに案がまとまって、彼女のお宅で招待+ケータリングと相成りました。

paniヴァンは、忘れ物を2つもして来たので、急遽メニューも変えつつ始まったのです。

garden-party2

まずは、パテ・ド・カンパーニュ(ピスタチオナッツ入り)とリエットと自家製酵母のパンで始まり始まり。どちらも、paniヴァンのお手製です。

本当はここで、野菜のミルフィーユとビスクスープが入るわけでした。こちらは、A先生のだんな様に合わせて後から宅配することになりました。フォアグラのパテと一緒にです。

ちなみに野菜のミルフィーユは、こちら。パプリカ2種、筍、ズッキーニ、ナス、トマト、トマトコンフィ、これにコリアンダーのペスト。野菜のうまみがギュっと詰まった一品です。

garden-party13

そして、ビスクスープ。たくさん甲殻類の旨味が凝縮された味わい。上には豆乳のエマルジョンとジャマイカ産の黒胡椒です。

garden-party14

とっても残念でしたが、次のコースはタイガープラウン(エビ)&季節の野菜とフォアグラのソテー。マンゴーとパイナップルのコンフィ添え。

garden-party3

こちらがUP像。

garden-party4

さて、メインはBBQですが、付け合せは野菜のグラタン。これはオリーブオイル、ローズマリー、パルミジャーノ・レッジャーノと野菜、海の華と黒胡椒だけのシンプルさですが、皆さん、最後のオイルまでパンを使ってモップのようにきれいに召し上がってました!

garden-party5


garden-party6

フランス産の鴨肉。マルグレです。庭の石造りの立派なBBQで炭火で焼いてあります。こちらはちょっと焼き過ぎた方で、私用。笑 パーフェクトに焼かれた方は主賓の皆様用。

garden-party7

それでも、切り分けて行くうちにおいしそうな肉汁が飛び出て、思わずゴクリでした。このソースは皆さんに大絶賛のソースでした。paniヴァンはパリのトゥール・ダラジャンで若いころに1度、そして2度目はスー・シェフとして働いていたので、鴨の焼き方やソースはやはり上手です。

garden-party8

そしてA先生が用意してくださっていた、佐賀牛のいちぼ。これが絶品でした!paniヴァンの焼き加減もパーフェクトで実に素晴らしい味わい。

garden-party9

コース料理ごとに用意された数々の素晴らしいワインたちは、皆さん、唸っていました。私は下戸なので、全然味わえず… そしてチーズ。比較的、シェーブルでも食べやすいものを準備しました。他にはイシニー産のカマンベールや他のフランス産のチーズたち。

garden-party10

お供には、こちらのワイン。素晴らしいお味でした。これは私も舐めさせてもらいましたが、レア物だけあってすべてにバランスが取れた絶品ディジェスティフのような甘口ワイン。熟成具合が最高です。

ワインはすべてA先生のセレクトでした。

garden-party12

やはりフランス料理にはワインでしょうか。

garden-party11

外でのランチは午後の2時近くに始まり、6時まで延々と続きました。その後、肌寒くなって来たので、中でデザートでした。

デザートに関しましては、こちらを参照してくださいね。

テーマ:美味なるもの - ジャンル:グルメ

  1. 2011/05/08(日) 08:07:30|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0

いい季節になりました。

april

ず~っと更新を滞らせてしまい、やっと… 震災の後、どうなるやらと思いましたが、どうやら大丈夫。頑張ってます。幸いお店の方は、あまり被害がなく、ログハウスの偉大さを思い知らされる気がしました。ただやはり普通の構造の厨房はかなり物が落ちて食器が壊れたり、電子レンジがかなりの高さからコンクリートの床に落ちてかなりひどい状態でした。

でも、この電子レンジ、まだ動いていて元気です。日本の電化製品は素晴らしいなと思います。

このごろは地元のお客様も増えて、うれしい限り。以前はほとんど県外の方々が主でした。

april2

このごろ品数も増えて、レストランの方でお出ししている自家製酵母パンの数々をショップ内でも販売していて、好評を得ています。うちのパンのファンも多くて、喜ばれるのがうれしいですね~!

april3

そして、こちらのカヌレもほぼ毎日午後早くに出て来ます。お昼ちょっと前にすべてのパンを焼き終えた後に、今度はカヌレを焼き上げます。ボルドーの郷土菓子のカヌレは、やはりうちの夫にとっては懐かしの味わい。うちのはタヒチ産の高級バニラビーンズとラムを利かせて、発酵バターで作るので香りも味わいも違います。出て来て早々なのに隠れ人気者です。

他にも、この界隈(つくば市)ではたぶん味わえないようなフランスの郷土菓子も2,3取り揃えています。フランスのラ・ヴィエットの最高級発酵バターを100%使った地味な身なりのブロワイエと呼ばれるサブレは、食べたらその美味しさにビックリすること請け合い!作り方もかなり普通のサブレ(クッキー)とは違うのです。シンプルな材料だけに素材はすべて厳選されたものだけで。

他には、これまた茶色っぽいパンデピスと呼ばれるケーキと柔らかいパンの中間のようなものも。こちらはオレンジやスパイスが好きな方にはかなり好まれる味わいだと思います。パンデピスは、フランスを代表する郷土菓子です。

april4

テイクアウトには、日替わりの具だくさんキッシュも。こちらも毎日お昼頃、焼き上がります。一切れから、どうぞ!

april5

こんなふうにつくば市のはずれにあるうちのパティスリー&フレンチレストランは、創作的&ヘルシーなフランス料理とオリジナルレシピで作るフレンチ・パティスリーの隠れ家的なお店です。レストランからの眺めも、こんなふうにのどか。柿の新芽も気持ちよく、遠景には筑波山が。静かでゆったりと時間が流れます。







テーマ:美味しいもの - ジャンル:グルメ

  1. 2011/05/01(日) 06:25:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

Sucre-en-Rose

Author:Sucre-en-Rose
日本の田舎に海外生活の長~い日本人とフランス人カップルがレストラン&パティスリーショップを開店。フランス帰国後の慣れない日本生活と開業に四苦八苦。こだわりを持てば持つほど、大変だけれど、そんなこだわりを見せながらミシュランスターシェフ経験を持つpaniヴァンとお菓子の夢先案内人、panipopoがつぶやきます。

************

*** ショップSucre-en-Roseのホームページへ こちらをクリック☆

shop

*** panipopoのお菓子のレシピ本がグラフ社から出版されました。全国の書店、アマゾンなどで。もちろんショップにも置いてあります。

my-book



 レシピブログの『おまかせ!みんなのおうちごはん2011年』(講談社)版で、巻頭インタビュー&レシピを公開しています。

banner_100_20101127075100.jpg


 で2010年7月にインタビューされました。

seventeen.jpg


ラッピング、包装資材の種類が豊富【cotta*コッタ】通販サイトで、月2回のレシピを掲載しています。このブログで未発表のものなので、ぜひこちらもどうぞ!↓のバナーをクリックしてみてくださいね☆


panipopo × cotta



shibata-link

製菓の専門書: 『柴田書店』リンク先で、Chez Panipopo♪のブログが紹介されています☆ どうか見て来てくださいね。

**********




************

book

レシピブログX宝島社のお菓子の本が発売されました。panipopoのレシピは60ページに掲載されています。

最新記事

Twitterでつぶやいています

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (15)
始まり (1)
食材 (12)
出来事 (10)
特別メニュー (8)
季節物 (10)
季節のメニュー (11)
何気ないこと (7)
イベント (7)
フレンチおせち (3)

訪問ありがとう!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。