シュクル・アン・ローズ(Sucre-en-Rose): panipopo & paniヴァンのこだわり

外国生活の長い日本人とフランス人カップルが、日本の片田舎にレストラン&ケーキショップを開店して…慣れない日本生活と初めてのお店に四苦八苦。試行錯誤で頑張ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャトルズ・ジュイエ(パリ祭)のワイン会&ディナー。

7-14 wine-dinner

昨日7月14日はフランスの独立記念日、キャトルズ・ジュイエでした。日本で言う、パリ祭です。ですので、せっかくの1年に1度のお祝いなので、土浦市の鈴木屋さんに昨日限りの特別ディナーに合うワインを選んでいただきました。

鈴木屋さんが作ってくださったのが、このパンフレット。この中に昨日のワインの写真と詳細なインフォメーションが書いてあり、ディナーのメニューも書いてありました。しごく親切丁寧です。

7-14 wine-dinner2

ちなみに鈴木屋さんはワインの所有率日本一らしいです。アンティークの垂涎もののワインもたくさんあるのです。見せていただきましたが、1800年代のワインがカーヴの奥深くに眠っています。これは秘蔵品らしいのですが、どんな味がするのだろう?と思います。

7-14 wine-dinner4

シャンパンは、シャンパーニュ地方、ヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区で作られたエレガントで柑橘のアロマを感じさせる堂々とした骨格を感じさせるシャンパンでした。

そしてフォアグラに合わせたのは、アルザス地方のピノ・グリファニー・エリザベス1999年のもの。完全有機栽培に取り組んでいる若手の生産者のものらしいです。

そして、魚料理に合わせたのは、ブルゴーニュ地方、マコネ地区で5世代にわたってブドウを栽培している生産者で、余分な贅肉のない長熟タイプのワインですが、2009年は素晴らしい出来のワインらしいです。これは、アクセントに香草やジンジャーの風味があるので、インドのスパイスをほのかに感じさせる昨夜の魚料理の一品に合うだろうとのことでした。

7-14 wine-dinner3

右側がメインの肉料理に合わせたボルドー、マルゴー地区のヴィンテージ(当たり年の1986年)ワイン、paniヴァンはボルドーの近くで生まれ育ったのでとりわけうれしそうでした。

18ヶ月熟成されて作られたシャトー・デュ・テルトル、左側はデザートに合わせた貴腐ワイン(貴腐ブドウ100%)で、ローヌ地方で作られた名手イヴ・キュイユロンが作った極上のデザートワイン。甘口ながら果物やフローラル、バニラやシナモン、ナッツの風味もほのかに感じる素晴らしいものだそうです。

ワイン製造はとても大変なのは分かります。paniヴァンの従妹のだんなさんが2代目の若きワインメーカーですし、実は大叔父さん(コート・ブライ=やはりボルドー地区に入ります)も現地ではとても有名なワインメーカーでしたが、亡き後は誰も継がず(兄弟姉妹が多過ぎて、いまだにブドウ園やシャトーは親族間で係争中)で、荒れ放題らしいです。義父はとても残念がっていましたが、もったいないことだと思いました。

ちなみに亡き大叔父さんの作った最後のワインたちの中で選ばれた赤ワインが私たちの披露宴のワインのひとつとして供されたことを今でも覚えています。実は、彼の実家の木の根元にこのワインと数本、ワインが埋められた(子孫繁栄を願う、この地方の結婚式の風習)のですが、その甲斐も私たちにはなかったのですね。そんなことを思い出しました!笑


さて、これらのセレクトされた5本のワインに合わせて、

7-14 wine-dinner5

プチ・サレ。フランス産の夏トリュフを入れたフォアグラのテリーヌ、雲丹と夏野菜のアスピック、そしてブリとニューサマーオレンジのカルパッチョ。

7-14 wine-dinner6

宮崎産の岩牡蠣。これはチュルリと美味しくいただけたでしょう。大きさに皆さん、驚いていました。

7-14 wine-dinner7

フランスのフォアグラのポアレ、長野産のアプリコット・コンフィ、メルバ風パン・オ・レと赤ビーツソース添え。

7-14 wine-dinner8

桃の冷製スープ。これは私の大好物。いつも余ると一口二口いただきます。本当に美味しい!桃の果肉にバジルを合わせたものをスープに入れて、レモンバーベナの葉っぱをこすって香りを嗅いでから、スープをいただくと、相乗効果で素晴らしい味と香りを楽しめるということです。上に乗っているチュイールは焼き海苔から作ったものです。

7-14 wine-dinner9

ラングスティンには、インドのマハラジャ・スパイスをほんのり効かせてソテーさせたもので、海老の頭の中には、鰆から作った練り物を詰めて蒸しあげています。これも素晴らしいです。合わせてあるのが、夏らしくグレープフルーツとジンジャーのリゾットです。

7-14 wine-dinner10

メインのシャロレー産の子牛のロティ、(写真にはまだ夏トリュフを乗せてませんが)、サマートリュフ、季節の野菜添え。

7-14 wine-dinner11

チーズの盛り合わせにはフランス産のAOCの選りすぐりのチーズたち(カマンベールには夏トリュフを挟んであります)と地元・茨城の獣医さんの作る牛のモッツァレラ。

7-14 wine-dinner12

デザートはお口直しの赤紫蘇のソルベ(画像なし)と、ミニのトリコロール・クロカンブッシュ風のシュー(すベて違う味わいです)とミニャルディーズ(小さなお菓子=画像なし)でした。

総勢14名様で満員御礼。楽しく美味しく、皆さん楽しまれて笑顔での帰宅となりました☆





スポンサーサイト

テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

  1. 2013/07/15(月) 10:56:39|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0

イタリアンワイン会のメニューとワインマカロン。

italian-wine-french-dinner

来る4月13日(土曜日)の夕方6時から、イタリアンワインと春の宵の創作フレンチディナーのソワレを開きます。自然派のこだわりイタリアンワイン6種類に合わせた一晩限りのメニューをご用意しました。

それと一番最後のデザートの後に来るミニャルディーズのひとつに作ってみたのが、このマカロン。ず~っとこれを作ることを考えていて、やっと実現しました。レチョートと呼ばれるイタリアのワインは、ブドウの実を木にならしたまま、完熟+そして干したまま発酵したブドウから作られたものです。香りも素晴らしく自然に甘くデザートにふさわしいワインです。

私も普段飲まないのですが、これはなめてみたら、本当に美味しく香りにまず惹かれました。そして、飲めない私が、美味しく感じる味わいでした。(デザートワインでかすかな甘みがあるせいでしょう)

これでマカロンのクリームを作るわけですが、甘くなったらいけないので、ビターなカカオマス70%のヴァローナのグアナラというチョコレートを合わせました。このチョコレートにしたら、今度は繊細な香りと味わいのレチョートの味がしないということで、結構入れました。

マカロンは普通、丸い形ですが、これはワインボトルもどきにしてみました。ワイン会のためですから☆

italian-wine-french-dinner2

前置きが長くなりましたが、イタリアンワイン会のワイン6種はヴィーナイオータさんのものです。その6種類のワインたちは『イタリアンワイン会と春のディナー。』で詳しく説明をしておりますので、ご覧ください。

メニューは、

<ロゼ・泡>
1.マルヴァジーア ローザ 2010 カミッロ ドナーティ
小売価格2,500円   エミリア・ロマーニャ州
白ブドウに5%の黒ブドウを混ぜて発酵させた、ロゼの微発泡。
オリ抜きしていないので、濁りがあって旨みたっぷりです。

① プチ・サレ 4種: 鮪のカレー風味とセサミ、牡蠣と黄金柑とディルのきゅうり巻、プチ・シューのファルシ、ケイク・サレ

<白・辛口>
2.ピーコ 2010 ラ ビアンカーラ
小売価格3,500円   ヴェネト州
まったりと濃密な味わいでありながら、軽やかな飲み心地。
「ソアーヴェ」と同じ、ガルガネーガ種からつくられます。(亜硫酸無添加)

② アミューズ・ブッシュ: アスパラガスのヴェローテ、フロマージュブランのグラス、ドライソーセージがけ

③ 前菜 1: プチポワ・ムース、甲殻類のジュレ、蟹肉添え、春野菜のクロッカン


3.アユート ビアンコ 2008 トリンケーロ
小売価格4,000円   ピエモンテ州
ブドウを皮ごと発酵させ、赤ワインのようなつくり方をした、
渋みのある褐色の白ワイン。

④ 魚料理: 金目鯛のロティ、クミンシード風味のクスクス、エディブルフラワーとスナップドラゴンの花塩

<赤>
4.オルチア ロッソ 2011 サンタ マリーア
小売価格2,900円   トスカーナ州
無肥料、無農薬の畑で作られたブドウで、亜硫酸を添加せずに
つくった、複雑な味わいながらスイスイ飲める赤ワイン。
(亜硫酸無添加)

⑤ 肉料理 1: 乳飲み牛のリー・ド・ヴォー、ベビーにんじん、パプリカのコンフィ、子牛肉のジュとケッパー添え

5.ロッソ デル ノーチェ  トリンケーロ
小売価格6,500円   ピエモンテ州
1997年、1998年、1999年、2001年の4ヴィンテージのワインを
ブレンドした、熟成感のある飲みごろの赤ワイン。

⑥ 肉料理 2: ラム肉のラックのポアレ、ラムのコンフィ、OR フランス産鴨肉のポアレ、

ガラムマサラ風味のクランブルと茄子とズッキーニのマリネ


<甘口・デザート>
6.レチョート 2002 ラ ビアンカーラ (500ml)
小売価格6,400円
倉庫の中に網をぶら下げて、それにブドウの茎を引っ掛けて
乾かす、濃密なデザートワイン。
甘いだけではなく、渋みや酸味や旨みのバランスが絶妙です。

⑥ デザート 1: レチョートワイン・ジュレと黄金柑グラニテ

⑦ デザート2: ピスタチオ・パルフェとレモンサブレのサンド

⑧ ミニャルディーズ (小菓子)とレチョートワインとショコラのワインボトル・マカロン

⑨ コーヒー、紅茶、あるいはハーブティー


*** ディナーには、自家製酵母のパンが数種類付きます。


ワイン会: ¥2,000 (税込)
ディナー: ¥8,500 (税込; リネン代5% 別途)

あと4席ございますので、ご希望の方は、お早目にお知らせください。☎ 029-875-5015

italian-wine-french-dinner3









テーマ:グルメ情報!! - ジャンル:グルメ

  1. 2013/04/07(日) 01:53:03|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0

イタリアンワインと春のディナー会。

italian-wines

つくば市と土浦には、素敵なワイン屋さんがあります。そのうちのひとつ、ヴィナイ・オータさんと、4月13日(土曜日)にワインとディナーを楽しむ会を開催することになりました。

まずは、そのヴィナイ・オータさんのご紹介です。



イタリアワイン“ほぼ専門”インポーターのヴィナイオータより、
個性的で、しかも料理によく合うイタリアワインをセレクトして、
皆様にご提供させて頂きます。
自然を尊重して、できる限り人の介入を避けることで、その土地の
個性を表現する素晴らしいワインに仕上げられたものです。
あらゆる常識や規則や評価などにとらわれない、『自由なつくり手』
による、『自由なワイン』を、お料理とともに是非お楽しみ下さい。



このワイン+ディナー会では、6種類のアペリティフから食後酒まで堪能していただけるように計らってくださいました。以下のワインが出て来ますので、ご覧になってくださいね。

<ロゼ・泡>
1.マルヴァジーア ローザ 2010 カミッロ ドナーティ
小売価格2,500円   エミリア・ロマーニャ州
白ブドウに5%の黒ブドウを混ぜて発酵させた、ロゼの微発泡。
オリ抜きしていないので、濁りがあって旨みたっぷりです。

<白・辛口>
2.ピーコ 2010 ラ ビアンカーラ小売価格3,500円   ヴェネト州
まったりと濃密な味わいでありながら、軽やかな飲み心地。
「ソアーヴェ」と同じ、ガルガネーガ種からつくられます。
(亜硫酸無添加)

3.アユート ビアンコ 2008 トリンケーロ小売価格4,000円   ピエモンテ州
ブドウを皮ごと発酵させ、赤ワインのようなつくり方をした、
渋みのある褐色の白ワイン。

italian-wines2


<赤>
4.オルチア ロッソ 2011 サンタ マリーア
小売価格2,900円   トスカーナ州
無肥料、無農薬の畑で作られたブドウで、亜硫酸を添加せずに
つくった、複雑な味わいながらスイスイ飲める赤ワイン。
(亜硫酸無添加)

5.ロッソ デル ノーチェ  トリンケーロ
小売価格6,500円   ピエモンテ州
1997年、1998年、1999年、2001年の4ヴィンテージのワインを
ブレンドした、熟成感のある飲みごろの赤ワイン。

<甘口・デザート>
6.レチョート 2002 ラ ビアンカーラ (500ml)
小売価格6,400円
倉庫の中に網をぶら下げて、それにブドウの茎を引っ掛けて
乾かす、濃密なデザートワイン。
甘いだけではなく、渋みや酸味や旨みのバランスが絶妙です。

italian-wines3

こららの6種類に合うディナーコースのメニューは3月22日前後に発表しますが、9コース仕立てになります。その日限りのメニュー構成になりますので、楽しみも倍増です。美味しいワインと、そしてお料理を堪能できる会にしたいと思います。

さて、

このイタリアンワインと春のディナー会は、

* 4月13日土曜日 18時から

* シュクル・アン・ローズ つくば市吉瀬511-5 ☎029-875-5015

* 要予約: 会費 ディナー ¥8,500 (税込・リネン代 5%頂戴致します)
          ワインティスティング ¥2,000(税込)

* 定員: 14名 (すでに10名様の応募がございますので、4名様分のお席を用意しております)


では、皆様のご参加をお待ちしております。堅苦しくない会です。楽しくフレンドリーに美味しいワインと食事を楽しみたいとおっしゃる方々のために、ご用意しました。

もちろんワインがダメでも、他のお飲物もご用意しております。

テーマ:特別な日のお料理(行事・お祝い・季節ごと) - ジャンル:グルメ

  1. 2013/03/07(木) 12:42:17|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0

ヴァレンタインのスペシャルメニュー。

2013valentine-menu

今年から、ランチとディナーのCコースは、毎月テーマに沿ってメニュー仕立てが変わることになりました。3ヶ月に1度の他のコースのメニューチェンジに加えて毎月、その月の特別コースを提案し、皆様に味わっていただこうと思います。

2月は、もちろんバレンタインで。日本ですと、女性から男性へ愛の告白日という印象を受けます。あるいは友達同士や、自分へのご褒美のチョコなどなど。余談ですが、お隣の韓国でも日本と同じく女性から男性へチョコレートをプレゼントします。そして、3月14日のホワイトデーも日本と同じ習慣があります。ところが、韓国には4月14日もあるのです!!!

その日は、2月14日にも3月14日にも恵まれなかった男女が黒い衣装に身を包んで、ジャジャンミョン(玉ねぎとたくさんのオイルで炒めた真っ黒なソースのジャージャー麺=韓国ではとてもポピュラーな食べ物で、辛くなく、どちらかと言うと甘い!)を食べる日になります。

ところ変われば…の典型ですが、2月14日は、欧米では【愛の日】ですので、男女どちらからも、プレゼントをしたり、ロマンチックなディナーに行ったりします。小学校では先生やクライスメートの間で、カードや小さなキャンディなどを交換したり、日ごろ仲良くしている人や友だちにLOVEの気持ちをプレゼントやディナーなどに誘って伝える日でもあります。

今年の2月14日はあいにく木曜日でうちは休業日ですが、明日2月1日から28日まで開業日には1ヶ月間、このバレンタインのスペシャルメニューを提案しております。

 ディナーのバレンタインコース・メニュー内容は、

プチ・サレ 3種

生牡蠣のグラタン、グラスシャンパンあるいはフルーツカクテル添え

フランス産フォアグラ、メルバトーストとポム・ド・アムール添え

サフラン風味のムール貝のスープ

旬の鮮魚のソテー、ほうれん草のリゾット、バニラビーンズのクラムソース

プチパテと野菜のパイ包み、トリュフソース

常陸牛のサーロイングリル、季節の野菜添え

ショコラ・フォンダン

ミニャルディーズ (小さなお菓子たち)

食後のお飲物 (コーヒー、紅茶、ハーブティー)

手造りボンボン・ショコラのプレゼント付(ボックスに入って来ます)



バレンタインディナーコースのお値段は、税込で¥8,500です。当日午前中までの要予約になりますので、よろしくお願い致します。

バレンタインランチコースは、メニューが違います。こちらは¥5,300(税込)です。

2013valentine-menu2

メインコースに付いて来るのは、ハート型の自家製パテ(特別な配合で、野菜も一緒にたっぷりと)をフランス産発酵バターで作った折込パイ生地で包んで焼き上げたものです。

サクっと軽い何とも言えず香しいパイ生地の中から出て来るのは、こちら。

2013valentine-menu3

これだけでハッピーになれる気分です。

ぜひ、お友達や家族、あるいはご夫婦、そして恋人同士でいかがですか!?今、私が制作にしゃかりきになっている、ボンボン・ショコラもプレゼントです。うちのボンボンは、日本中にファンがいるのですよ~^^ 

余談ですが、今作っているボンボンやトリュフは、桜、カプチーノ、フランボワーズ&ミルク、苺、トンカ&ニアンボ(ヴァローナというフランスのチョコレートの名前の一つです)、マサラティー(チャイのような風味)、カシス、そして湯河原産のレモンクリームです。

ひとつずつ手造りなので、材料にも凝っています。うちは、原価率が高過ぎると、税理士さんにもこの間のコンサルティング(ある有名なシェフ)にも言われています。でも、安心な材料で、お客様に喜んでいただくのが一番、私たちとしてもうれしいこと。どこか削っても、材料費は削れないなと思っています。








テーマ:バレンタイン - ジャンル:グルメ

  1. 2013/01/31(木) 07:35:48|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0

土浦全国花火競技会の特別ディナーメニュー。

2011hanabi

すっかりと遅くなりました。もう手遅れ?みたいな記事ですが、明日10月6日は土浦全国花火競技会があります。日本で2番目の大規模な花火大会は、ちょっと変わっていまして、来年2013年度の花火のトレンドを競う、花火師のための展覧会です。

つまり、ここで総理大臣賞やそのほかの賞をいただいた花火たちは来年の全国の花火大会の売れっ子になるというわけです。2時間半の間(午後6時から8時半まで)に打ち上げられる花火の素晴らしさは到底語れるものではありませんが、

ウィキペデイィアによると、

出品者は日本国内の花火製造会社がほとんどで、2011年は合計で69社が出品、うち24社は2部門にエントリーしていた[3]。見物客にとって単調とならないように打ち上げは10号玉、創造花火、スターマインで2~5出品者ずつ打ち上げ、これを最後まで繰り返す[3]。1つの出品者がスターマインの打ち上げに要する時間は5分以内の場合が多く、歌や音楽に合わせて打ち上げられる場合も多い。

だそうです。この記事の画像は私が去年うちのショップの隣から撮ったものですが、打ち上げ場はすぐそばの川のほとりなので、よく見えます。

この花火大会の前に明日だけのメニューです。午後5時(17時着席)で、花火大会にちょこっと遅くなりますが、花火も十分に楽しめるという企画です。ディナーのお客様たちは、うちに駐車してくださって結構ですが、それ以外は大変狭い田舎道ですので、ご遠慮お願い致します。

さて、その花火大会メニュー(おひとり様 ¥7,000税込・リネン代5%をいただきます)ですが、

* お飲物1杯 (お選びした白ワイン、赤ワイン、あるいはノンアルコールカクテル)

* プチ・サレ 2種

* アミューズ・ブッシュ: シイタケのファルシ、チョリゾソーセージ&烏賊、コンテチーズを詰めて

* 前菜: ジンジャー風味蟹のラビオリ・スタイル&海老のソテー

* スープ:  冬瓜&サラダ牛蒡のクリーミィースープ

* メイン: 2つからお選び下さい。

舌平目のムニエル、ポレンタとかぼちゃ添え

あるいは、

牛ほほ肉の赤ワイン煮込み、季節の野菜添え

デザート: 和栗たっぷりミニ・モンブラン

コーヒーまたは紅茶+ミニャルディーズ(小さなお菓子)


2011hanabi2


夜は寒くなりますので、ひざ掛け、温かい上着、そして座りたい方は座れるものが必要になります。ただし、広場があるわけではありませんので、ご覧になる方々は、十分に車の通行に注意して隣近所にご迷惑にならないようにお願い致します。

ご希望の方は、電話(029-875-5015)でご予約下さいね。

なお、県道24号線(土浦学園線)は交通規制がかかります。土浦方面、国道6号線周辺出口は午後から通行止め(15時当たりから)になりますので、ご注意ください。つくば方面からうちまでは大丈夫です。

テーマ:期間限定商品 - ジャンル:グルメ

  1. 2012/10/05(金) 10:07:09|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

Sucre-en-Rose

Author:Sucre-en-Rose
日本の田舎に海外生活の長~い日本人とフランス人カップルがレストラン&パティスリーショップを開店。フランス帰国後の慣れない日本生活と開業に四苦八苦。こだわりを持てば持つほど、大変だけれど、そんなこだわりを見せながらミシュランスターシェフ経験を持つpaniヴァンとお菓子の夢先案内人、panipopoがつぶやきます。

************

*** ショップSucre-en-Roseのホームページへ こちらをクリック☆

shop

*** panipopoのお菓子のレシピ本がグラフ社から出版されました。全国の書店、アマゾンなどで。もちろんショップにも置いてあります。

my-book



 レシピブログの『おまかせ!みんなのおうちごはん2011年』(講談社)版で、巻頭インタビュー&レシピを公開しています。

banner_100_20101127075100.jpg


 で2010年7月にインタビューされました。

seventeen.jpg


ラッピング、包装資材の種類が豊富【cotta*コッタ】通販サイトで、月2回のレシピを掲載しています。このブログで未発表のものなので、ぜひこちらもどうぞ!↓のバナーをクリックしてみてくださいね☆


panipopo × cotta



shibata-link

製菓の専門書: 『柴田書店』リンク先で、Chez Panipopo♪のブログが紹介されています☆ どうか見て来てくださいね。

**********




************

book

レシピブログX宝島社のお菓子の本が発売されました。panipopoのレシピは60ページに掲載されています。

最新記事

Twitterでつぶやいています

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (15)
始まり (1)
食材 (12)
出来事 (10)
特別メニュー (8)
季節物 (10)
季節のメニュー (11)
何気ないこと (7)
イベント (7)
フレンチおせち (3)

訪問ありがとう!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。