シュクル・アン・ローズ(Sucre-en-Rose): panipopo & paniヴァンのこだわり

外国生活の長い日本人とフランス人カップルが、日本の片田舎にレストラン&ケーキショップを開店して…慣れない日本生活と初めてのお店に四苦八苦。試行錯誤で頑張ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

かぼちゃチャウダー。

9-13.jpg

美味しいものは人に笑顔をもたらしますが、何も感情を表わさないお客様のお皿がまるでモップをかけたようにきれいになって戻って来ることがあります。そういう時には、スタッフ一同、皆うれしくなります。何も語らずのお客様が、その美味しいという嬉しさを行動で示されるからです。

うちは何もかも手間暇かけて、手造りします。自家製酵母パンからフォン(いわゆる、日本でいう出汁に当たるもの。これは鳥、子牛、ビーフ、ラム、そして魚介類までいろいろです)まで、ゆっくりと丁寧に作り上げます。そう、うちの食事はすべてスローフード。体に優しく、元気にさせる力があると思います。

スープのボウルまできれいにパンでぬぐって召し上がるお客様がいらっしゃいます。『こんなに美味しいので、もったいない』と決まって、そうおっしゃいます。そういうきれいなお皿やボウルを見るにつけて、本当に嬉しくなります。

スープが美味しい店は安心できると私は思います。それを化学調味料を使って美味しさを出すのは簡単ですが、見極めは簡単です。そういう美味しさはシャープだからです。後味に残るときもあります。体が反応する場合(胃がもたれるとか、痛くなるとか)があります。しかし、安心できる美味しさは、限りなく繊細で優しいと思います。食材の命と作り手のぬくもりと愛情が作る過程で残るからです。

写真は、かぼちゃのチャウダー。浅蜊のお出汁と、かぼちゃの滋養が溶け合って、旨味が出ているスープです。箸休めに、ここではグリーンのルッコラのチュイール。焼き海苔とほうれん草のチュイールもとても美味しいです。どちらも、私の好きなものです。

 フェイスブックは、ほぼ毎日更新です。同じ内容の記事もあれば、違うものも。ぜひご覧くださいね。Sucre-en-Roseのフェイスブックはこちらです。
スポンサーサイト

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

  1. 2013/09/13(金) 09:55:36|
  2. 何気ないこと
  3. | トラックバック:0

テラスでまかない。

deck-table.jpg


温かくちょうど良い気候になりましたね!なので、デッキにテーブルをしつらえました。パラソルとそして脇にある大きなハナミズキの木の陰で気持ち良いです。この季節、ここに座っているだけで、静かで心が落ち着きます。周りののんびりさと、花を眺めながら、ゆったりと座るシンプルな幸せ時間です。

2日続けて、ここでまかないランチを食べました。

paniヴァンはフランス人、アウトドア派です。フランス人は夏になると庭やテラスにテーブルをしつらえて、そこでランチやディナーも食べるのですよ。うちの義両親のところもそれです。雨の降らない限り、夏は夜10時ぐらいにならないと暗くならないので、外ごはんです。

日本みたいに湿度も高くなく、夕方になると涼しいのでちょうどいいのでしょう。

昨日のランチは、ありあわせの残り物で作るオープンサンドウィッチ3種とサラダでした。

deck-table2.jpg

手抜きの時もありますが、まかないと言えども美味しいものを作ってくれるので、感謝☆

ちゃんとデザートも付きます。笑 昨日は壊れピスタチオマカロンと、paniヴァンにはレイヤーケーキの端っこ、私たち日本人組は、草餅と粒あんでした。

私はパティシェールではありますが、どちらかと言えば和菓子派。ケーキとおまんじゅうが出て来たら、躊躇なくおまんじゅうを選びます。

deck-table3.jpg

昨日は、なんとおまけが出て来ました。この九州産の天然の岩ガキ!レモンの代わりに黄金柑を絞っていただきました。思い出しても、ニッコリです!

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

  1. 2013/04/30(火) 07:41:22|
  2. 何気ないこと
  3. | トラックバック:0

自家製からすみ作成中とボランティアミーティング。

homemade-karasumi.jpg

昨日の夕暮れは、気持ちの良いものでした。空がきれいです。遠くの筑波山も薄墨色に佇んでいました。さて、Y君が作成中の自家製からすみは、1週間の塩漬けののち、昨日から戸外で陰干しされることになりました。

今回は黒鯛の卵です。実は1回目の真鯛の卵2腹は戸外で干している間に、なんとカラスにすべて持っていかれました!きっとカラスは一生分の塩分を摂ったと思われます。笑 あるいはそれ以上ですよね、きっと。

homemade-karasumi2.jpg

Y君によると、からすみの色はその卵の持つ色が出て来るか、あるいは日本酒を丁寧に塗って乾燥していくと色がきれいに出るそうなのです。

今回は果たして、大丈夫なのでしょうか。そう願いましょう。


また昨夜は5月19日(日曜日)、Sucre-en-Roseで行うチャリティーイベントのミーティングを行いました。集まったのは、比較的、近辺(お二人だけ川口市からですが!)の有志5名です。いろいろなことを話し合いました。

当日は午後3~8時の間で、立食パーティー、バザー、そして音楽、フェイスペインティングなどでお客様に楽しんでいただき、入場料が500円、そして寄付をお願いするという形を取らせていただくことになります。

そのメニューは、インド風フレンチ&イタリアン&バーベキューで、メニュー数16品目!

これで500円は安い!と皆さんに言われましたが、そこは目的は、インドのチャンデラオ村の子供達のためですから、うちは赤字覚悟の自腹です。何よりも来客の皆さんに楽しんでいただきたいし、そして一番はチャンデラオ村の子供達に少しでも喜んでもらいたいという思いからです。

ヴィナイオータさんは、当日3種類のワインを原価で提供、売り上げはすべて寄付してくださいます。どうもありがとうございます!

homemade-karasumi3.jpg

そのヴィナイオータさんのHさんが持って来てくださったワイン。

homemade-karasumi4.jpg

その後、Y君が作ってくれた手まり寿司と天ぷらとワインで夕食会をしました。デザートは壊れマカロン(!笑)と、paniヴァンの作った夏ミカンのグラニテでした。

 ゴールデンウィーク中は、5月1日と2日(水曜日・木曜日)が定休日に当たります。他の日はすべて営業しておりますので、ぜひご利用ください。ありがとうございます!


 お知らせです。 

5月19日(日曜日)にチャリティーイベントを行います。

入場料500円で、インド風フレンチの立食パーティーを企画しています。音楽、フェイスペインティング、そしてオークションを行います。インド風フレンチ?と思いの皆さん方、ぜひ午後3~8時まで自由にご来場ください。なお、当日は募金箱を設置しておりますので、のインドの子供達にぜひ、寄付をお願いします。

may-chandelao-event.jpg

この子たちやもちろん他の子供たちのために。学校に行ける子供たちにも、そして何よりも行けない子供たちに文房具を買って送るのが今回の目的です。インド全体には無理なので、私たちが行ったチャンデラオ村の子供たちに。

この笑顔、もっと広げたいと思います。飴ひとつにも目をキラキラさせて喜んでもらえたので、きっと、もっと喜んでもらえると信じています。

私たちが滞在したChandelao Garhのオーナーのシン氏も、きちんと村の子供たちに公平に分けてくださるということを現地で約束を取り付けて来ました。彼は、村にある女性の立場向上のためにノルウェイのNGOが立ち上げた地域女性ワークショップセンターにも深く関わっていますし、何よりも昔から歴代のこの地方の領主の家柄ですので、村の長老でもあるのです。

ボランティアも続々と集まりつつあって、もしかしたらボランティアの方が多いとなると困るので、地域的なイベントにしたいと思います。もちろん、遠くからお越しくださってもありがたいです!!!食べ物はたくさんあります(あるはず!すべて、私たちが費用を持ちます)。お料理担当は張り切っています!私はインド風の美味しかったデザートの数々を自分なりにアレンジして作ろうと思います。

入場券はひとり500円ですが、募金箱に寄付、あるいはオークションで寄付購入してくださるとありがたいです。もちろん、来月のお菓子便の時に一緒に募金コーナーを申し受けますので、そこで一口500円で寄付してくださると、本当にうれしいです。

少しでも、誰かに笑顔を届けたい。それが子供なのは、子どもは親を選べないし、早く成長せざるをえない(10歳以下で就労している子供がいかに多いか!)のは、大変なこと。そういう子供たちに何か一時的にも楽しい思いを味わってもらいたいと思います。

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

  1. 2013/04/26(金) 07:46:15|
  2. 何気ないこと
  3. | トラックバック:0

paniヴァンのぬか漬け。

panivain-nukazuke

実家で暮らしていた時には、毎日、母手作りのぬか漬けがありました。そしてその実家を離れて2人で職場の近くに住み始めてから、漬物の偉大さを知るようになりました。しばしはコストコで購入した1.5kgのキムチを楽しんでいたのです(元ソウル4年在住ですから!)が、今度はやはり日本の漬物が欲しいということで…

うちの朝ごはんは、夕食もそうですが、paniヴァンが作ります。その方が早くて美味しいからとの理由で、彼は1日中、料理していても大丈夫なシェフ。プライベートでもいつも料理しています。

和食の朝食も作ります。味噌汁、焼き魚、納豆、発芽玄米入りのごはん、これに漬物です。これが定番メニューなので、ほとんど変わりません。変わるのはみそ汁の具と焼き魚の種類ぐらいです。

そのpaniヴァンですが、私の実家に戻った時に母にもらって嬉々としていたのは、ぬか床ひとつかみ分。これを自分のぬか床を作る際の元種のように使うことにしたらしいです。

自家製酵母を育てている彼らしい発想ですが、糠を買って、鷹の爪、昆布、そして伯方の塩、これに母のぬか床ひとつかみ分を入れて、自分のぬか床を作り始めました。

panivain-nukazuke2

最初の1週間は毎日2回かき混ぜて、今は帰宅して1回になったようです。

だんだんとぬか床もこなれて来て、まろみが出て来ました。いろんなものを漬けては、食卓に乗せる彼。れっきとしたフランス人!笑 フランスではワラビを摘んで私と一緒に煮物を作りました。家族や親せきのみんなに、『馬の食べるものを食べるのか!?』と笑われても、美味しい!と食べていましたが、今は我が家の冷蔵庫には納豆と彼のぬか床が占領されています。

きっと前世はアジア系だったに違いありません。韓国にいたときには、韓国人のいろんな方々から、「paniヴァンは前世は韓国人だった。それも両班(これはお世辞でしたが)だね」と、その食文化をすべて受け入れて何でも食べる彼やその物腰の印象から、そう言われたこともありました。

今は、納豆と味噌汁、そして漬物の朝ごはんを作るのが自然な彼には、フランスの家族もきっと驚くに違いありません。

でも、彼はパンも大切。これがないと彼は物足りないらしいので。だから、パンは自分の嗜好に合わせて、休み以外は毎日作るのだと思います。これも彼のアイデンティティー。ごはんと一緒にパンも食べています!もしかしたら、前世と現世のアイデンティティーがアジアに来て、ちょうどバランスが取れたのかもしれませんね。

テーマ:おいしい☆ - ジャンル:グルメ

  1. 2012/09/24(月) 07:56:08|
  2. 何気ないこと
  3. | トラックバック:0

同業者との出会い。

taka-chef

私は常日頃、思っていたことがありました。同業者とお友達になりたい、英語で忌憚なく話せる友達が欲しい、外国に住んでいた人たちと知り合いになりたい、etc. それは、私、panipopoのバックグラウンドによるものです。10代の半ば頃から、アメリカで生活し学校に行き、就職して長い間をかの地で過ごしてから、フランスに渡ったので、私は日本人であるけれどたぶん半分以上は意識的にガイジンです。外国にいた年数の方が、日本で暮らした年数をはるかに上回っているのです。

今日は、ほとんどひとりごとで長いつぶやきになります。

なので、日本が好きで日本人であることを誇りに思う反面、もうひとりの自分のアイデンティティを無意識に模索する自分がいるのも事実です。ですので、そういう共感を持てる人たちと知り合いになりたい、英語で思いっきりおしゃべりしたいという思いが常々ありました。

そうしたら!お客様の中で、そういう方が増えて来て驚きです。

同業者と知り合いになってお友達になりたい、と思ったのは、それは私たちは2人ともガイジン(笑)であると共に全然、日本のレストラン業界のことや製菓業界のことを知らないからです。横のつながりはとても大切なことですから、なおさらです。paniヴァンも私もフランスやアメリカや、外国のホテル内の厨房しか分かりません。

そう強く思っていましたら、こちらも急に、1日に2組の同業者の来店がありました。一組は同じつくば市でイタリアンレストランを始められたSさん。筑波山の麓の乗馬クラブ内で開業したらしいです。今度、休みの日に行き、レポートさせていただきますね。とても楽しみです!

Sさんはイタリアで修行し帰国されてから、筑波山ろくの乗馬クラブのメンバーだったことから、そこで自然に開業となったらしいのです。自然と動物に囲まれたレストランということで、動物好きの私たちは今からワクワクしています♪

Sさんご夫婦と話が弾んでしまい、あっという間に2時間ぐらい経ってしまいました!お友達になれそうです。

そして、paniヴァンの料理に感嘆してくださって、本当にうれしかったです。同業者から褒められるのは、やはりうれしいものです。

taka-chef2

こちらは、その夜に予約のあった、たかシェフとしょうこさん(どちらもブログ上の名前で、panipopoとpaniヴァンのようなものですね!)のムックお料理本です。たかシェフは、誰もが羨望のまなざしになるであろう、都内の超一流ホテルの料理長を務めていらっしゃいます。しょうこさんは、有名ブロガーさんで、某大学病院のベテラン看護師さんです。

たかシェフのお料理本には、おふたりの会話がブログの『たかシェフのおうちごはん。』ように掲載されている上に、プロのアドバイスがたくさん事細かく載っています。楽しく美しい本です。もっとお料理上手になりたい方、この本はお勧めです!私は、たかシェフ本人からいただいちゃいました!ありがとうございます。

その夜はお2人だけだったので、なんとお食事とおしゃべりで4時間も過ごしていただきました。しょうこさんの習っていらっしゃる羊毛フェルトの愛犬の作品を見せてもらい、その精巧さとうまさに感動したり、paniヴァンはたかシェフとフランス語で話したり、4人で最後はおしゃべり大会でした。

ちょうど、しょうこさんのお誕生日の近くということで、ささやかなお祝いケーキを作ってプレゼントしました。即席でマトリョーシカのサブレも乗せてみたのですが、写真を撮り忘れてしまいました!笑

やはり、たかシェフとしょうこさんにも、paniヴァンのお料理を堪能していただいて、私もpaniヴァンもとてもうれしかったのです。


話は変わりますが、このつくば市や土浦市近辺にも、私たちを応援してくださる方々がいるのがありがたいです。うちのショップカードをポスティングしてくださったり(彼女に頼まれてたくさんショップカードを差し上げたことがありましたが、知らないうちにしてくださっていたのです)、またいろんな方々が、新しいお客様を紹介してくださったり、口コミ誌にうちのマドレーヌと、オーダーケーキのことを掲載してくださった方もいるらしいのです。

ある日、電話があって、『口コミ誌でお宅のマドレーヌのことが書いてあったのですが、今ありますか?』とお電話をいただきました。その女性が来店してくださって、どこでその口コミ誌を見つけたのかを教えてくださいました。そして、まったくの初対面だったのにも関わらず、またご丁寧にお電話をくださり、マドレーヌとパン・オ・レが口コミ通りにとても美味しくて感動しましたと、伝えてくださいました。

マドレーヌ、うちの定番ですが、この出来事があった前日に、男性でこのマドレーヌのファンだという人が来店されました。そういえば、東京のあの方も、つくばのあの方も、そう言ってくださったと思うと思わず微笑みが。

こういうことは、本当にありがたいと同時に、心に優しさを運んで来てくれます。心がくじけそうになるときに、こんな他の人から見れば、ささいなことでも、私たちにとっては、とっても幸せな出来事です。

いろんな方が、私たちの知らないところで、温かく私たちを見守って応援してくださっているということに、心から感謝しております☆ どうもありがとうございます!!!そして、素敵な出会いの数々にも

テーマ:小さな幸せ - ジャンル:ライフ

  1. 2012/09/05(水) 07:50:13|
  2. 何気ないこと
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

Sucre-en-Rose

Author:Sucre-en-Rose
日本の田舎に海外生活の長~い日本人とフランス人カップルがレストラン&パティスリーショップを開店。フランス帰国後の慣れない日本生活と開業に四苦八苦。こだわりを持てば持つほど、大変だけれど、そんなこだわりを見せながらミシュランスターシェフ経験を持つpaniヴァンとお菓子の夢先案内人、panipopoがつぶやきます。

************

*** ショップSucre-en-Roseのホームページへ こちらをクリック☆

shop

*** panipopoのお菓子のレシピ本がグラフ社から出版されました。全国の書店、アマゾンなどで。もちろんショップにも置いてあります。

my-book



 レシピブログの『おまかせ!みんなのおうちごはん2011年』(講談社)版で、巻頭インタビュー&レシピを公開しています。

banner_100_20101127075100.jpg


 で2010年7月にインタビューされました。

seventeen.jpg


ラッピング、包装資材の種類が豊富【cotta*コッタ】通販サイトで、月2回のレシピを掲載しています。このブログで未発表のものなので、ぜひこちらもどうぞ!↓のバナーをクリックしてみてくださいね☆


panipopo × cotta



shibata-link

製菓の専門書: 『柴田書店』リンク先で、Chez Panipopo♪のブログが紹介されています☆ どうか見て来てくださいね。

**********




************

book

レシピブログX宝島社のお菓子の本が発売されました。panipopoのレシピは60ページに掲載されています。

最新記事

Twitterでつぶやいています

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (15)
始まり (1)
食材 (12)
出来事 (10)
特別メニュー (8)
季節物 (10)
季節のメニュー (11)
何気ないこと (7)
イベント (7)
フレンチおせち (3)

訪問ありがとう!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。