シュクル・アン・ローズ(Sucre-en-Rose): panipopo & paniヴァンのこだわり

外国生活の長い日本人とフランス人カップルが、日本の片田舎にレストラン&ケーキショップを開店して…慣れない日本生活と初めてのお店に四苦八苦。試行錯誤で頑張ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フランスの田舎の夏の食事風景。

between-summer

今日は、paniヴァンの故郷の夏の様子をご案内します。題して夏の1日。笑 上の写真は、夏野菜をふんだんにあしらった、paniヴァンの創作ソース(レモン&グレープフルーツ、ケッパー、トマトのコンフィ、そしてジュ・ド・ヴォライユで作ったもの)をかけた鯛のソテーです。

異なった食材のハーモニーを探し出すこと。それも、新しい食材でも消化して、自分なりのスタイルでお料理を創り出すこと、食べること。食生活に貪欲なフランスは、他の面では保守的ですが、食に対してはオープンマインドです。

日本では、食育は、学校ではなされていないと思いますが、フランスでは、小学校などで有名なシェフを招いて食育のプログラムがあります。

もちろん、現代の母親はどこの国でも忙しい事と思います。とりわけキャリアを持つ母親が多いフランスでは、専業主婦の方が珍しいですから、冷凍食品オンリーを扱うスーパーも大都市にはあります。仕事帰りに寄って、そこで買い物して温めるだけという場合も多いことでしょう。

だからこそ、食育の時間が学校生活にあるのかもしれません。

paniヴァンが料理の道に入ったのは、双方のおばあちゃんがお料理が上手で、いろんなものを手作りする派であったこと。そして、母親も然りという環境で、美味しいものを食材から見つけ出して選んで作り出すというお手本が回りにいたからなのかもしれません。義母は、ちゃんとフルタイムで働いているのに、2人の男の子が成長する過程において、週末を利用していろんなものを手作りして育て上げました。

ひとりは料理の道に、そして、もう一人はマクドナルドも好きな現代っ子に育ったのですが、母親の作る料理は、どちらもきっと最高だと思っているに違いありません。

前置きが長くなりましたが、フランスの片田舎のある日を食生活を混ぜて、紹介します。特に8月はバカンスに入っている人ばかりなので、1ヶ月みんなゆったりと過ごします。旅行に出る人たちもいれば、故郷に帰って来る子供たちを待つ家庭もあります。でも、夜遅くまで明るいので、みんな思い思いの夏休みを迎えるのであります。

朝、太陽が昇ると同時に外に出てみると…

between-summer

もやが立ち込めて、ひまわり畑も何やら神秘的!

between-summer

朝露がしたたるほどで、庭のリンゴもトマトもすっかりと濡れています。

between-summer

静かな朝ごはんは、フランスの場合、とても簡単でカフェ・オレや、コーヒー、あるいは私の場合は紅茶を大きなボウルで飲んで、タティン(フランスパンを縦長に切って、トーストしたり、ジャムを付けたりしたもの)を食べるだけ。あるいは、シリアル(アメリカ的!)や、ブリオッシュやヴィエノワズリー(クロワッサンや、パン・オ・レザンなど)を食べたりします。けっこう、コーヒーだけで終わってしまう人も少なくありません。

そこから1日の始まりです。

この日は、まずはマルシェに。新鮮な魚を買ったり、野菜や果物を買ったりします。

between-summer

手前の小さな黄色のフルーツがミラベル。プラムの甘いものになります。これはフランスの代表的な夏のフルーツのひとつでもあって、これでお酒もありますよ。タルトにすると、素晴らしいです!

between-summer

こうやってマルシェで買って来たものは、すぐに調理されます。ランチは、生きのいいサバのバーベキューグリルです。お庭のハーブをたくさん摘んで来て、焚き木で焼く係りはお義父さん。

ブルターニュ産のムール貝を蒸し煮にするのは、料理上手なお義母さん。これに庭で採れた完熟トマト(味が濃くて、甘くて美味しいです!!!)と、同じく庭で採れたイタリアンパセリと玉ねぎのサラダ。リコピン酸たっぷり!

デザートは、やはりマルシェで買い求めた夏のフルーツ、ガリゲットと呼ばれる甘いジューシーな苺。フランスでは苺は、夏のもの。ボウルいっぱいに出て来て、これでおなかもいっぱいです。

between-summer

近くのブドウ園に腹ごなしのウォーキングに出かけて、ブドウのなり具合を調べて来ました。ここら辺は、ボルドーから1時間、サンテ・ミリオンから40分ほど、メドックも近く、またあのコニャックは車で25分程度なので、ブドウ畑がたくさんあります。こちらは珍しく白いブドウ。育つブドウがほとんど赤ワインのためだからです。

おばあちゃんの戒めを破って、こっそりとこのたわわに実るブドウの一粒をもぎって、よく拭いてから食べてみると、うまい~!おばあちゃんによると、普通、ワインのために育つブドウは農薬が、たくさんかかっているから、食べるなというわけです。(美味しいんですが!)もちろん、ビオ(BIO=有機農法)で育つワイン用のぶどうもありますが、わずかです。ビオと言っても、隣近所の畑で、農薬を撒けば、それが風で飛んで来て完全なビオではなくなるというのが、おばあちゃんの持論でもあって、なかなか手厳しいです。


between-summer

夕方近くになっても、まるで真昼間のようです。フランスの夏は夜の10時ごろになるまで、明るいのです。

村の広場では、ペタンクのゲームが始まります。このおじさんたち3人がこの村を仕切っている感じなのですが、右端が義父です。今、手術をボルドーの病院で受けるために入院中です。早く良くなりますように…

between-summer

paniヴァンもペタンクに参加しました。

between-summer

ひまわり畑もまだまだ明るいです。

私とお義母さんは、夕ご飯の支度を始めました。と言っても、私が作ったのは、今朝のマルシェで買ったペッシュ・ド・ヴィーニュ(赤い果肉が特徴)のコンポート。この赤さが、この桃の特徴なんですよ。自然の色!

between-summer

夕ご飯も外の庭にしつらえたガーデンテーブルで食べます。太陽好きなフランス人の夏の間の習わしです。でも、夕食は夜の8時過ぎから通常始まります。これが普通です、どこの家庭でも。

between-summer 

今夜は簡単に、セップ茸の炒め物(セップは、日本のいわば、マツタケに当たるキノコ。これはお義父さんが採って来たものを冷凍してあったもの)と、シャキュトリ、チーズ各種とトマトサラダ、そしてバゲットになりました。

この肉厚のセップは、本当に美味しいです!冷凍ものでも美味しいのは、やはり採れたてを冷凍するからですね。

between-summer 

そして、これは義母が作った生ハムです。大きな塊で春先に作ると、約2年後に食べられるというわけです。毎年作るので、なくなることもなく、通年中、食卓を飾ります。実際に作るときに立ち会ったことがありますが、海塩の量のものすごいこと!スパイスもいろんな種類を揃えて作ります。

between-summer 

さて、この日の締めくくりは、義母の作ったクレープと私の作ったコンポートと、フロマージュブランのデザートです。

こんなふうにフランスの田舎の夏の1日は終わりました。出来るものは自分たちで作れば安全で美味しいものを作れるという姿勢は、代々受け継がれているようです。保存料もなし、出所が分かる良い食材で作ること。それを食べる楽しみ。少なくても、paniヴァンの家族の間では、自然に家庭で食育されていたということだと思います。





スポンサーサイト

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2012/08/23(木) 08:19:26|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0

いろいろ十色。

iroiro

今月はいろんなことがありました。

5月16日のフレンチ&ローズティーパーティーでは、遠く横浜、東京からのお客様が主だったのですが、皆さん大変楽しんで、喜んでくださいました。私も本当に楽しかったイベントになりました。

 フレンチ&ローズティーパーティーの模様をどうぞ!

近くに藤澤ローズガーデンがあるのですが、今が満開!連日大賑わいです。

*** 藤澤ローズガーデン 茨城県つくば市古来458  *** つくば駅からタクシーで10分
駐車場完備


iroiro4

藤澤ローズガーデンは、600坪の見事な庭園にバラが700種類以上、それも2000株もあるのです!!!


そして、なんと言っても、今月は金環日食がありましたね。きっと私の生涯で日本で見られる金環日食の最初で最後だろうからと、もちろんメガネを買って観察しました。この辺は、天気が良くてきれいに見られたのです。

iroiro2

写真提供をしてくれたのは、もうすぐベルギーに行ってしまうY君です。彼は、自分の部屋から金環日食を観察、写真も撮ったという素晴らしさ。


また今月は、うちのロゴも決まりました。結局はインパクトのあるこちらに。

iroiro3

そして、プロの制作会社に依頼して作っていただいた、うちの新しいホームページが出来上がりました。

 Sucre-en-Roseの新しいホームページへ 

ぜひご覧くださいね。

こうやって、完成するとうれしいものです。

これからも、どうぞよろしくお願い致します!
  1. 2012/05/29(火) 07:45:21|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0

フレンチ&ローズ・ティーパーティー。

rose-tea-party

今日はお知らせです。5月16日(水曜日)に素敵な紅茶教室を主宰するTea Mieのミンミン先生が東京から来てくださり、うちでフレンチ&ローズのティーパーティーを開催することになりました。

ローズが関係するのは、うちの近くに藤澤ローズガーデンがあるからです。こちらは900坪の敷地に300~400種類のバラや他の美しい花々が息を飲むぐらいに咲き誇る素晴らしいところです。入場無料なのです!

私の藤澤ローズガーデンの記事は、こちらと、新しくこちら

もし興味がありましたら、ローズガーデンは、うちから歩いても10分以内、そして自動車だったら駐車場もあるので便利です。午前中に行かれてから、お昼からのフレンチ、そしてそれに続くティーパーティーで、ゆったりと楽しく静かなところで美味しい紅茶の数々(4~5種類)とその日だけの限定スイーツ(ローズが主体の新しいレシピのアントルメケーキ、その日だけ味わえます)や、タルト、小さな焼き菓子やマカロンで、紅茶やバラ、そしてお料理やお菓子についておしゃべりしませんか!?

rose-tea-party5

堅苦しくない紅茶の楽しみ方なども、お勉強になるかと思います。

rose-tea-party8

この日のフレンチランチのメニューは、やはりこの日だけの限定メニューです。

アミューズ・ブッシュは、

rose-tea-party2

サーモン・マリネと柑橘類のサラダ

前菜は、

rose-tea-party3

フランスのジョン・キャスタンのとろけるようなフォアグラのソテー。

rose-tea-party4

後ろから見ると、キノア(インカの雑穀)のリゾット、フォアグラのソテー、豆乳カプチーノ、そして野菜のジュリエンヌ添え

小さなスープは、

旬のプチポワ(スナップエンドウ)のクリーミィースープ。緑が爽やかなスープです。

これにメインディッシュは、鯛と季節の野菜添えで、1枚の絵のような盛り付けで。

rose-tea-party6
(参照写真)

デザートには、大きなアントルメケーキ(ムース仕立ての組み立てケーキで、切ると中身が何層にもなっています)にタルトや小さな小さな焼き菓子たちと色とりどりのマカロンさんたち。

アントルメケーキは、その日にしか食べられない1点もののオリジナルケーキです。ローズの味わいと苺や他のフルーツと合わせて作る予定です。

rose-tea-party7

 フレンチ&ローズ・ティーパーティー 

日時: 5月16日(水曜日)

場所: つくば市吉瀬511-5

時間: 12時から4時ごろまで

費用: 6,000円


定員: 5~6名

連絡先は、029-875-5015 あるいは、このブログの右欄の下の方を見ていただくと、メールフォームがあります。こちらから応募をお願いします。お名前、連絡先をお願い致します。


*** 藤澤ローズガーデン 茨城県つくば市古来458  *** つくば駅からタクシーで10分









テーマ:美味しいもの - ジャンル:グルメ

  1. 2012/05/02(水) 21:59:17|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0

やっと看板が立ちました。

sign-post

ず~っと考えていて、やっと実行できるようになったことのひとつはこの看板。やっとです。デザインの写真はT大学の芸術学群の学生Aちゃんに選んでもらいました。数ある写真の中から、いろいろと構図の良いカットを選んでもらい、実際に看板屋さんが作ってくださった枠組みの中にPC上ではめこんで、あれでもないこれでもないと選んだのです。

色合いは私の希望で、落ち着いたシルバーピンク、ペパーミントグリーン(あるいはラデュレカラーのグリーンとでも言いましょうか!?)でまとめてもらうことになりました。

出来上がってホっとしましたが、ここの十字路を左折する車が多いのですが、あまり看板を見てくれる人がないのです。あれれ!?通りに立って見てみると、運転手さんたちのだいたいが左右を何回も忙しく見てから、すぐに左折してしまうので、気が付く人が少ないように見受けられました。

でも、まだまだ分かりません。

sign-post2

ここが個人宅ではなくて、お店とレストランだと気付いてくれる人がいてくださって、さらに行ってみよう!と思ってくださったら、うれしいです。

paniヴァンが仲良くしていて、週1で遊びに行っているシェ・レノン(ビストロ・フレンチ。つくば市では一番人気があります)の住田シェフとマダムが厚意で、うちのショップカードを置いてくれています。少しでも知名度が上がればと、応援してくださるその心意気、とてもありがたいです☆ それも向こうからそう申し出てくださって、頭が下がります。

こうやって同業者で応援してくださる方がいるということは、本当に心強いです。

 シェ・レノン 茨城県つくば市松野木100-11 ℡ 029-879-8719

ぜひ行ってみてくださいね!


 うちのゴールデン・ウィークの開業は5月2日(水曜日)以外は、毎日オープンしています。どうぞ、皆さんお越しくださいね~♪

テーマ:日々出来事 - ジャンル:ライフ

  1. 2012/04/27(金) 20:31:07|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0

湯河原エルルカン・ビスへ。

herlequin-bis

2週間前、今、ベルギーに行く前にうちで時々働いてくれるY君が以前勤めていた湯河原のエルルカン・ビス(ミシュラン1つ星)にランチに行って来ました。Y君からは伊藤シェフのことをいろいろと教えてもらっていたし、シェフの本ももらっていたので、訪問を楽しみにしていました。

ランチはお任せで。

herlequin-bis2

さて、ここを開けたら、お待ちかねのランチが… 期待が思わず高まります。

最初に、

herlequin-bis3

スッタフィングされたオリーブと、乾きものの先付、そしてホタテとディルと新じゃがのパスタ。

herlequin-bis4

リコッタチーズと蟹、えびが衣を薄くまとって揚げてあるものを魚介類のエキスたっぷりのカレー風味のスープで。これが絶品!次の洋風茶碗蒸しとフォアグラもこれまたため息が出るぐらいに美味!

2週間前にメモなしで私のうろ覚えで書いているので、もしかしたら記憶違いの材料があるかもしれないですが、素材の良さとソースの絶妙さが素晴らしいバランスでした。

herlequin-bis5

魚は真鯛、ソースは菜の花、お肉はフランス産のうずら。これがまたどちらも最高に美味しかったです。伊藤シェフは、和の良さも大事にされているので、すんなりとおなかに納まるフレンチです。paniヴァンもフランス人にしては繊細で優しい味わいの作風ですが、伊藤シェフも素材の良さがダイレクトに伝わる味わいを出しておられます。とにかくおなかにずっしり来るのではなく、満足した状態でハッピーなフレンチ。この絶妙な満足感はさすがです。

〆にはご飯ものが出て来ますが、写真を撮るのを忘れてしまいました。素晴らしいサービスをしてくださったSさんが朝、掘り起こしてくださった筍ごはん。美味しかったですよ~!

そしてデザートは2種。最後のデザートは、シェフご自慢のブラジル風プリン。そして、最初にはこちら。

herlequin-bis6

口当たりも爽やかで、もっと食べたかったです。そしてお庭の足湯。温泉水で。いいですね!

この後、paniヴァンとシェフはフランス語で2人だけの世界。実に楽しそうでした。

私はマダム、サービスのSさん、厨房の中のスーシェフや他の人たちとおしゃべりをしました。マダムとSさんは親戚だそうで、沖縄出身。このSさんとマダムから私はSさんのお母様の若いころにそっくりだと伺いました。

そう、私は南方系の顔立ち。色も浅黒いので、よく沖縄の人に間違えられます。でも、アメリカにいたときには、コロンビア人、メキシコ人、アルゼンチン人と南米系、パリではプチパレの後ろで、2人組のおまわりさんにフィリピン人に間違われ、以前、成田空港で北朝鮮の団体客から同胞と間違われてどんなに否定しても「同胞」でしょうと言われ続け、最後にはパスポートを見せて納得してもらったことがありました。

というわけで、きっとどこにでもいる顔立ちなんだと思われます。 

話は逸れましたが、湯河原で、美味しい柑橘系をお土産に帰途に着きました。

伊藤シェフには、「paniヴァンの経歴で茨城で開業しているのは、もったいない。もっと観光地か開けた土地でしないとダメです」と言われましたが… 何の縁故も知り合いもいない、日本歴の浅い私たちにはここでこうやってオープンして震災を乗り越えたことだけで幸いなこと。奇跡のようなものです。

でも、もっと先々のことをこれから考えて行かないといけないのかなと、ちょっぴりと考えさせられました。

herlequin-bis7

こうやって目にも美しいところで、最高に美味しいランチをいただけた幸せ~♪ 片道4時間でも行った甲斐がありました。湯河原方面に行かれる時には、ぜひエルルカン・ビスでフレンチを☆



テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

  1. 2012/04/26(木) 23:24:10|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

Sucre-en-Rose

Author:Sucre-en-Rose
日本の田舎に海外生活の長~い日本人とフランス人カップルがレストラン&パティスリーショップを開店。フランス帰国後の慣れない日本生活と開業に四苦八苦。こだわりを持てば持つほど、大変だけれど、そんなこだわりを見せながらミシュランスターシェフ経験を持つpaniヴァンとお菓子の夢先案内人、panipopoがつぶやきます。

************

*** ショップSucre-en-Roseのホームページへ こちらをクリック☆

shop

*** panipopoのお菓子のレシピ本がグラフ社から出版されました。全国の書店、アマゾンなどで。もちろんショップにも置いてあります。

my-book



 レシピブログの『おまかせ!みんなのおうちごはん2011年』(講談社)版で、巻頭インタビュー&レシピを公開しています。

banner_100_20101127075100.jpg


 で2010年7月にインタビューされました。

seventeen.jpg


ラッピング、包装資材の種類が豊富【cotta*コッタ】通販サイトで、月2回のレシピを掲載しています。このブログで未発表のものなので、ぜひこちらもどうぞ!↓のバナーをクリックしてみてくださいね☆


panipopo × cotta



shibata-link

製菓の専門書: 『柴田書店』リンク先で、Chez Panipopo♪のブログが紹介されています☆ どうか見て来てくださいね。

**********




************

book

レシピブログX宝島社のお菓子の本が発売されました。panipopoのレシピは60ページに掲載されています。

最新記事

Twitterでつぶやいています

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (15)
始まり (1)
食材 (12)
出来事 (10)
特別メニュー (8)
季節物 (10)
季節のメニュー (11)
何気ないこと (7)
イベント (7)
フレンチおせち (3)

訪問ありがとう!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。